アメリカ企業がよくわかる最強の米国株ガイド

米国会社四季報 2022年春夏号 米国会社四季報 2022年春夏号
米国会社四季報
2022年春夏号
3,300円(税込)

東洋経済新報社

閉じる 閉じる

米国株がよくわかる5つのポイント

米国会社四季報なら、社名・ティッカー、企業概況、株価チャート、業績・指標、テーマ・ブランドなど、米国株を簡単に知るための情報が満載です。まずは米国株投資に役立つデータの見方をチェックしてみましょう。

アメリカ企業がよくわかる最強の米国株ガイド

米国会社四季報 2022年春夏号 米国会社四季報 2022年春夏号
米国会社四季報
2022年春夏号
3,300円(税込)

東洋経済新報社

ランキングから探せる有望米国株

増収率や増益率、低PER、定番の予想配当利回りなど、有用な米国株ランキングを多数掲載しています。

「旬の成長」銘柄はこれだ! 増収率編
米国の高成長株トップ100

米国の高成長株トップ100 米国の高成長株トップ100

他にも米国株の相場観が身に付く銘柄ランキングを掲載!

Rankings
  • 「不人気」銘柄はこれだ! 低PER編
    米国の割安株トップ100
  • 「お買い得」銘柄はこれだ! 配当利回り編
    米国の高配当株トップ100

  • 時価総額トップ50
  • 連続増配年数トップ50
  • 年間報酬トップ50
  • など

アメリカ企業がよくわかる最強の米国株ガイド

米国会社四季報 2022年春夏号 米国会社四季報 2022年春夏号
米国会社四季報
2022年春夏号
3,300円(税込)

東洋経済新報社

厳選した注目・新興銘柄

アルファベット(グーグル)、アップル、フェイスブック(メタ)、アマゾンといったGAFAをはじめ、ナイキ、セールスフォース、テスラなど、注目・新興銘柄732社を掲載。日本で買える米国ETFも厳選した150銘柄を掲載しています。

Alphabet Inc.[GOOGL] Alphabet Inc.[GOOGL]
Apple Inc.[AAPL] Apple Inc.[AAPL]
Facebook,Inc. Facebook,Inc.
Amazon.com,Inc[AMZN] Amazon.com,Inc[AMZN]

充実の索引で米国銘柄が探しやすい

アルファベット順の索引だけでなく、日本語社名やブランド名など豊富な索引で、米国銘柄探しをサポートします。

日本語社名索引 日本語社名索引
ブランド索引

初心者のための米国株の基礎知識

米国会社四季報の巻末資料の中から、まずは「購入準備編」として基本的な情報をまとめました。

米国株はどの証券会社でも扱っていますか?

どの銘柄をどうやって取り引きしたいかで異なります。このところ国際分散投資への関心の高まりから、外国株や外国の金融商品の取り扱いを始める証券会社が増えています。インターネット証券では、取扱銘柄数を続々と拡大中です。米国株の取り扱いの有無、取扱銘柄については、必ず証券会社のホームページを確認しましょう。

証券会社に口座があれば、すぐに米国株取引を始められますか?

簡単なログインで始められる証券会社もありますし、別途、外国株式取引口座開設の申し込みが必要な証券会社もあります。各証券会社の最新の情報をお調べください。

大事なことは、外国株取引には為替スプレッド(両替手数料)が必要になるということです。ネット証券では現在1米ドルにつき片道25銭ですから、2022年2月末のレートだと100万円の投資金額に対して約2174円でしょうか。米国株購入の際にはこの分も含めて口座に入金しておく必要があります。

売却金額を外貨で受け取れる証券会社もありますが、円に戻すなら為替リスクも発生します。株式購入時点よりも円高ドル安ならば利益は目減りし、円安ドル高になれば株価の上昇以上に利益が膨らみます。

取引時間や上場市場はどうなっていますか?

下の「米国証券市場の概要」をご確認ください。日本では仕事を終えた夜にリアルタイム取引に参加することが可能です。

日本株では東証と地方の重複上場の場合など、どの取引所の上場証券かを選ぶ必要がありますが、米国株ではその必要はありません。

537ページのキャプチャ

売買単位(購入最低金額)が書かれていません。

米国には日本のような単元株制度はありません。どの株でも1株から買えます。株価がその株の購入最低金額となります。

信用取引はできますか?

外国株の信用取引ができる国内証券会社はありませんでしたが、2022年7月からネット証券大手3社がサービスを始める予定です。ただ、米国株には値幅制限(ストップ高、ストップ安)がないこともあり、初心者はまずは現物取引から始めるのが無難です。どうしても国内証券会社で信用取引を行いたい場合は、CFDという、FX(外国為替証拠品取引)のような証拠金取引であれば、売りから入ることが可能です。

編集長コメント

米国株投資は
『米国会社四季報』一冊で十分です

米国株投資も最近ではネット証券を中心に手数料が安くなり、取引も簡単になりました。でも肝心の銘柄情報が手に入りにくいなあ~という要望を受けて2014年に登場したのが『米国会社四季報』です。その後、少しずつ誌面を改良し、ツイッターも始めました。おかげさまで米国株はコレ一冊で十分という評価をいただけるようになりました。これからも進化を続けます!

アメリカ企業がよくわかる最強の米国株ガイド

米国会社四季報 2022年春夏号 米国会社四季報 2022年春夏号
米国会社四季報
2022年春夏号
3,300円(税込)

東洋経済新報社

PAGE TOP