東洋経済オンラインのすべての記事と
『週刊東洋経済』電子版が読み放題!

東洋経済オンライン
有料会員

月額1,600円
法人プランはこちら
ビジネス・マネーカテゴリ月間自社UU数No.1

ここにしかない情報で、
経済を「広く深く」理解する

1895年に創刊した『週刊東洋経済』電子版の最新号と
バックナンバーに加え、アメリカ「The New York Times」、
中国「財新」など海外メディアの厳選記事や
有料会員限定の記事・連載・特集、メルマガ、セミナーなどをお届けします。

  • ビジネスの
    情報収集に
  • 投資の
    判断材料に
  • 教養を
    深めるために

3つの特長

特長1

視野が広がる
幅広いテーマ

さまざまな業界の最新動向や、
国内のみならず世界の情勢まで、
豊富なデータや図表をもとに、数多くの記事を配信します。

特長2

会員限定の特集・連載

企業ランキングや業界の最新トレンド解説をはじめ、
雑誌には掲載されない、会員限定の特集や連載も
ご覧いただけます。

特長3

『週刊東洋経済』電子版
バックナンバー読み放題

最新号が発売前の金曜日(※)に読めるほか、
1,000冊以上のバックナンバーを
いつでもお読みいただけます。
※原則、発売日前週の金曜日18:00に公開(合併号の発売翌週は除く)

高い専門性・取材力

企業財務に強く業界に精通した100人規模の経済記者や、
国内外のジャーナリスト・ライターが独自の取材と視点で広く深い情報を届けます。

会員プラン

月額プラン

  • すべての記事が読み放題
  • 『週刊東洋経済』電子版
  • 有料会員限定セミナーご招待 など

年額プラン

  • すべての記事が読み放題
  • 『週刊東洋経済』電子版
  • 有料会員限定セミナーご招待 など

無料会員

  • 無料会員記事が読める
  • 著者フォロー機能、印刷機能
  • 朝刊メール など

会員特典

無料会員
有料会員限定記事 ×
『週刊東洋経済』電子版 ×
有料会員限定セミナー ×
有料会員限定メールマガジン ×
無料会員記事
著者フォロー機能
印刷機能
試写会などのキャンペーン応募
朝刊メール

よくある質問

有料会員について

無料会員と有料会員の違いは何ですか?

東洋経済オンラインには、無料会員と有料会員という会員種別があり、閲覧可能なコンテンツ、利用可能な機能が異なっております。
有料会員では、有料会員限定記事を含めたすべての記事を無制限でお読みいただけるほか、編集部執筆の有料会員限定メールマガジンや、限定セミナーへの特別ご招待、雑誌『週刊東洋経済』電子版の最新号を含む1,000冊以上のバックナンバーもご覧いただけます。
無料会員では、無料記事と無料会員記事が読めるほか、編集部が選ぶおすすめ記事やアクセスランキング上位記事などのメールマガジンをお届けいたします。

有料会員の契約(解約・継続・変更など)について

解約はどのようにできますか?

東洋経済オンラインにログイン後、マイページより以下の手順にて解約いただけます。
1) マイページ「登録情報」の「サービスの確認/変更/解約」をクリック
2)対象のサービス名の右端にある管理ボタンをクリックし、「自動更新の無効」を選択
3)手続き完了後、「【東洋経済】自動更新が無効になりました」という件名のメールが配信されますので、内容をご確認ください。

途中解約の場合、料金の払い戻しはありますか?

利用期間を残して中途解約をされた場合、日割・月割精算等による料金の払い戻しは行っておりませんのでご了承ください。

継続・更新はどのようにできますか?

クレジットカード払い:自動的に契約プランが継続・更新されますので、お客様による手続きは不要です。
コンビニ通知払い・払込票決済:ご契約満了日の約13日前に、継続のお手続き方法ご案内メールをお送りしますので、ご確認のうえお手続きください。手続きを行わない場合、現在のご契約満了日をもって終了いたします。

契約内容の変更はできますか?

東洋経済オンラインにログイン後、マイページ「登録情報」の「サービスの確認/変更/解約」より可能です。変更内容によりプランの適用時期や料金の精算ルールが異なりますので、画面の説明をご確認のうえ、変更手続きをお願いいたします。

現在、雑誌『週刊東洋経済』を定期購読していますが、有料会員プランのセット割引はありますか?

お得なセットプランへの切り替えが可能です。
現在のご契約内容を確認させていただいたうえで、お手続きをご案内いたしますので、 sub@toyokeizai.net 宛にメールでお問い合わせください。

法人向けプランはありますか?

ご用意しています。法人プランは6ID(6名様分)よりお申し込みを承っています。詳細はこちらをご覧ください。

請求書(銀行振込)での支払いはできますか?

法人プランのみ対応可能です。

その他

有料記事を読むにはどうすればよいですか?

有料記事は東洋経済オンラインのサイトにログインした状態でお読みいただけます。ログインできない場合はこちらのページをご参照のうえ、解決しない場合はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

雑誌『週刊東洋経済』の電子版とは何ですか?

紙版の『週刊東洋経済』誌面をWeb上でご覧になれるサービスです。最新号および1,000冊以上のバックナンバーが閲覧できます。

雑誌『週刊東洋経済』の電子版を読むにはどうすればよいですか?

東洋経済オンラインのサイトにログインした状態で、こちらよりバックナンバーを閲覧できます。

  • ※最新号は原則、発売日前週の金曜日18:00に公開されます(合併号の発売翌週は除く)

お支払いについて

  • クレジットカード(オンライン決済)

    VISA、Mastercard、JCB、AMEX、Diners Clubがご利用いただけます。

  • 振込票・コンビニ払い

    お申し込み受け付け後、お支払いのご案内をお送りいたしますので、お近くの郵便局またはコンビニエンスストアのいずれかで、お支払いください。

  • ・ゆうちょ銀行の払い込みサービスを現金でお支払いの場合には所定の手数料がかかります。詳細はゆうちょ銀行までお問い合わせください。
  • ・ご記入いただいた住所、メールアドレス等に、小社およびグループ会社より各種ご案内(事務連絡・読者調査)をお送りすることがございます。

お問い合わせ

登録内容の変更・確認、解約等につきましては、よくある質問をご覧のうえ、不明な点がございましたら、
以下のフォームよりお問い合わせください。電話でのお問い合わせは受け付けておりませんので、ご了承ください。

【営業時間】 平日9:30~17:30 
休日:土日・祝日、8月第1金曜日、年末年始、GW

データに基づいた、
信頼できる情報源を味方に。