医療の巨大転換(パラダイム・シフト)を加速する

糖質制限食と湿潤療法のインパクト

江部 康二著/夏井 睦著
2013年8月23日 発売
定価 1,620円(税込)
ISBN:9784492045060 / サイズ:四六/上/224

パラダイム・シフトはもう誰にも止められない!

医学は、異端が主流になる戦いの繰り返しで進歩してきた――。

「糖質制限食」と「湿潤(しつじゅん)療法」のカリスマ医師が、原因と結果を取り違えた非科学的な医学界に警鐘を鳴らし、新しい医学常識と良い医者の条件を明らかにした対談!

[本書の主な内容]
●専門医は自己批判できない
●歴史上の巨大転換「地動説」
●根拠がなかった医学常識
●原因と結果を取り違えている医者たち
●医者は科学を忘れている
●消毒は人の細胞を殺す
●傷を乾かすと細胞は干からびる
●カロリー制限食の限界
●生活習慣病に広く糖質過剰の影が
●大学病院から逃げてくる患者たち
●大規模な組織ほど変われない
●マスコミは新しい治療法の危険性を過大評価する
●巨大転換はバトルで加速する
●インターネットは巨大転換を10年で完了させる?

付記1 糖質制限食の考え方とやり方
付記2 湿潤療法の考え方とやり方

商品を購入する

概要

医学の進歩は異端から生まれた。糖質制限食と湿潤療法のカリスマ医師が、非科学的な医学界に警鐘を鳴らし、新しい医学常識を教える。

目次

はじめに 夏井先生との対談 出会いと流れと 江部康二

第一章 「糖質制限」と「消毒否定」は医学界の巨大転換(パラダイム・シフト)
第二章 「消毒」を疑う
第三章 「糖質」を疑う
第四章 巨大転換(パラダイム・シフト)に抵抗する専門家たち
第五章 巨大転換(パラダイム・シフト)を加速する

付記1 糖質制限食の考え方とやり方
付記2 湿潤療法の考え方とやり方

おわりに ヘソ曲がりグループが歴史を変える 夏井 睦

著者プロフィール

江部 康二  【著】
えべ こうじ

1950年京都府生まれ、京都大学医学部卒の内科医で現在は高雄病院理事長。糖尿病治療食として近年、急速に注目されている糖質制限食の先駆者の一人で、日本での認知を広めてきた最大の功労者。現在も、旧弊な学会と戦っている。2001年から糖質制限食を糖尿病治療食として積極的に導入し、2013年までに1600人を超える患者に指導、入院症例は700例を超え、日本での糖質制限食では随一の治療実績と知見を持つ。自らも2型糖尿病で糖質制限食を約11年間継続し身をもってこの治療食の効果や安全性を検証。2005年に、日本で初めて糖質制限食を紹介した著書『主食を抜けば糖尿病は良くなる!――糖質制限食のすすめ』(東洋経済新報社)がベストセラーに。また、ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」では最新の糖尿病研究をいち早く発信するとともに、従来治療の矛盾に警鐘を鳴らし、現時点で最有力な治療法として糖質制限食の普及に尽力を続ける。

夏井 睦  【著】
なつい まこと

1957年秋田県生まれ、東北大学医学部卒、形成外科医。現在は練馬光が丘病院傷の治療センター科長。従来の創傷治療の正反対とも言える画期的な「湿潤療法」の創始者。湿潤療法に関する著書を数々刊行し、また2001年からは自らのウェブサイト「新しい創傷治療」で、常識(傷は消毒するもの)を覆す治療法の効果と合理性を発信し続けて傷治療の現場を変えつつある。傷を消毒しない、乾かさないという湿潤療法は臨床現場で新しい常識となりつつあり、若い医療関係者を中心に急速に普及している。また、一般家庭用にも湿潤療法の創傷被覆材が販売されるなど、新しい傷治療は確実に社会へと浸透してきている。他方、いまだに一部の頑迷な学会の抵抗があるため、不合理な治療法の矛盾を訴え、湿潤療法の科学的な合理性を説きながら戦っている。また、医学史的な視点に立ち、現在の医学界にはびこる非科学的な常識の変革を目指して、積極的な主張を展開している。