食品の裏側

安部 司著
2005年10月28日 発売
定価 1,512円(税込)
ISBN:9784492222669 / サイズ:サイズ:四六判/ページ数:248

商品を購入する

概要

廃棄寸前のクズ肉も30種類の添加物でミートボールに甦る。コーヒーフレッシュは水と油と添加物。元添加物トップセールスマンが明かす加工現場の舞台裏。知れば怖くて食べられない。

目次


序 章 「食品添加物の神様」と言われるまで
第1章 食品添加物が大量に使われている加工食品
第2章 食卓の調味料が「ニセモノ」にすりかわっている!?
第3章 私たちに見えない、知りようのない食品添加物がこんなにある
第4章 今日あなたが口にした食品添加物
第5章 食品添加物で、子どもたちの舌が壊れていく!
第6章 未来をどう生きるか

著者プロフィール

安部 司
あべ・つかさ

1951年,福岡県福岡市の農家に生まれる。
山口大学文理学部化学科卒業。総合商社食品課に勤務。食品および添加物に関わる仕事に従事。退職後、加工食品の開発や海外(中国、アメリカ、東南アジア地域)においての食品の開発輸入に携わる。
現在、無添加食品の開発や伝統食品の復興、有機農産物の販売促進に取り組んでいる。