入門テキスト 安全学

向殿 政男著
2016年3月18日 発売
定価 2,376円(税込)
ISBN:9784492223703 / サイズ:サイズ:A5判/ページ数:232

ガス機器、エレベーター、立体駐車場などの事故事例から大災害への備えまで

どうしたら「安全」は手に入るのか?



第一人者が体系的に書き下ろした待望の決定版



安全とは「許容不可能なリスクがないこと」

リスクとは「危害の発生確率とひどさの組み合わせ」

「利便性と危険性」とを考慮してリスクは受け入れる=「安全」と考える

「絶対安全」=「リスクゼロ」はありえない

商品を購入する

概要

事故を防ぐ、リスクを最小化するモノづくりの思想、消費者の心がまえはどうあるべきか。総合的な学問である「安全学」を説く初の書。

目次

序章 さまざまな安全対策が求められている
多発する身の回りの製品事故
こんにゃくゼリーによる窒息事故
エスカレーター転落事故
メーカーと消費者の責任と役割

第1章 安全とは何か
安全はリスクによって定義される
「受け入れ可能なリスク」とは何か    
絶対安全は存在しない=リスクゼロはありえない

第2章 安全学を確立する
安全を「見える化」する
「技術的」「人間的」「組織的」:三つの側面から見る

第3章 リスクアセスメントとは何か
危険源をいかに同定するか
リスクを評価する

第4章 リスク低減のための三つのステップ
「六本木ヒルズ」で大型自動回転ドア事故が発生
3ステップメソッド――リスク低減には順番がある
ふじみ野市プール事故に見る3ステップの重要性

第5章 安全のための技術
ヒューマンエラーとフールプルーフ
機械は故障するものである
簡単に壊れないものをつくる 「フォールトアボイダンス」
不具合が起きても機能遂行を可能にする「フォールトトレランス」
フェールセーフ=機械が壊れても安全である
ハイボールの原理
安全なシステムのつくり方:危険検出型と安全確認型
    
第6章 安全のための人間力
人間と機械との微妙な関係
自動車の安全を考える
コラム 人間のミスの背景と対応

第7章 安全のための組織、制度
組織・制度で安全を守る
法律で安全が確保できるか
認証と認定
国の基準は最低基準でしかない

第8章 企業における安全の確立と信頼の獲得
なぜエレベータ事故が起きたのか    
安全はコストではなく将来に向けた投資である
「安心=安全×信頼」のリスクコミュニケーション
コラム 企業トップに求められるリスク対応力
    
第9章 大災害にどう備えるか
東日本大震災に学ぶこと
福島第一原発事故を振り返る
原発は最後の最後でフェールセーフになっていない
コラム 放射線の安全について考える

第10章 安全は誰がどう確保するのか
個人および社会の安全文化
企業および組織の安全文化
国および規制側の安全文化

第11章 安全学で未来を考える
自動ブレーキが普及し始めた理由
都市交通の未来はどうなるか
安全技術の現在、過去、未来
社会全体で安全づくりをする時代

著者プロフィール

向殿政男
むかいどの・まさお

1942年生まれ。70年明治大学大学院工学研究科電気工学専攻博士課程修了。70年明治大学工学部電気工学科専任講師。78年同教授、89年明治大学理工学部情報科学科教授、96年明治大学大学院理工学研究科委員長、2002年明治大学理工学部学部長。2013年から明治大学名誉教授。2009年から明治大学校友会会長。1987年国際ファジィシステム学会(IFSA)副会長。93年日本ファジィ学会会長、2002年日本信頼性学会会長、2006年日本学術会議連携会員。2015年「安全功労者内閣総理大臣表彰」受賞。専門分野は、情報学、安全学(フェールセーフ理論、フォールトトレラントシステム、機械安全)、論理学(多値論理、ファジィ論理)。