魂の経営

古森 重隆著
2013年11月1日 発売
定価 1,728円(税込)
ISBN:9784492502556 / サイズ:四六/上/224

写真フイルム市場が10分の1に縮小するという「本業消失」の危機を、
奇跡と称される事業構造の転換で乗り越え「第二の創業」を成し遂げた、
富士フイルムホールディングス代表取締役会長兼CEOによる書き下ろし。
10年に及ぶ経営改革の全貌と、リーダー哲学が初めて語られる。

商品を購入する

概要

本業消失の危機を乗り越えよ! 富士フイルムの構造改革を成し遂げたカリスマ経営者が語る、第二の創業のヒントとリーダー論。

目次

第一章 本業消失
       富士フイルムに何が起こったのか?
第二章 第二の創業 
       富士フイルムの挑戦と改革の全貌
第三章 有事に際して経営者がやるべきこと
       「読む」「構想する」「伝える」「実行する」
第四章 すべては戦いであり負けてはならない 
       世の中のルールと勝ち残るための力
第五章 会社を思う気持ちが強い人は伸びる
       仕事で成果を出し、成長を続けるための働き方
第六章 グローバル時代における日本の針路
       国と企業の強みと可能性について

著者プロフィール

古森 重隆  【著】
こもり しげたか

富士フイルムホールディングス代表取締役会長兼CEO。1939年旧満州生まれ。63年東京大学経済学部卒業後、富士写真フイルム(現富士フイルムホールディングス)に入社。主に印刷材料や記録メディアなどの部門を歩む。96年~2000年富士フイルムヨーロッパ社長。2000年代表取締役社長、03年代表取締役社長兼CEOに就任。デジタル化の進展に対し、経営改革を断行し事業構造を大転換。液晶ディスプレイ材料や医療機器などの成長分野に注力し、業績をV字回復させた。12年6月から代表取締役会長兼CEO。公益財団法人日独協会会長。日蘭協会会長。07年~08年NHK経営委員会委員長。