日本の工芸を元気にする!

中川 政七著
2017年2月24日 発売
定価 1,728円(税込)
ISBN:9784492502877 / サイズ:サイズ:四六判/ページ数:256

創業300年、奈良の小さな老舗から全国展開まで。

現代的マネジメントとブランディングで伝統産業を蘇らせる!




著者の中川政七(中川淳)は、2002年に家業に転職し、その後の15年で製造から小売まで、業界初のSPAモデルを構築し、「遊中川」「中川政七商店」「日本市」など、工芸品をベースにした雑貨の自社ブランドを確立してきた。現在、全国に約50の直営店を展開している。また、工芸分野の経営コンサルティング事業を行い、日本各地の企業・ブランドの経営再建に尽力している。そのミッションは、「日本の工芸を元気にする!」ことにある。ポーター賞、日本イノベーター大賞を受賞した、今、最も注目される若手経営者が格闘し挑み続けた15年の記録と、未来への構想。

商品を購入する

概要

奈良の家業から全国展開へ。300年の老舗を現代のブランドに作り上げた若き経営者の15年間の創造の記録と未来構想。

目次

プロローグ
第1章 老舗の跡を継ぐ
第2章 家業を会社にする
第3章 ビジョンが生まれる
第4章 十三代社長に就任する
第5章 ビジネスモデルが機能し始める
第6章 300周年を迎え撃つ
第7章 日本の工芸を元気にする!

 

著者プロフィール

中川 政七
なかがわ・まさしち

中川政七(中川淳)。株式会社中川政七商店 十三代代表取締役社長。1974年奈良県生まれ。京都大学法学部卒業後、2000年富士通入社。2002年に中川政七商店に入社し、2008年に代表取締役社長に就任。製造から小売まで、業界初のSPAモデルを構築。「遊中川」「中川政七商店」「日本市」など、工芸品をベースにした雑貨の自社ブランドを確立し、全国に約50の直営店を展開している。2009年より業界特化型の経営コンサルティング事業を開始し、日本各地の企業・ブランドの経営再建に尽力している。2016年11月、同社創業300周年を機に十三代中川政七を襲名。2017年には全国の工芸産地の存続を目的に「産地の一番星」が集う日本工芸産地協会を発足させる。2015年に「ポーター賞」、2016年に「日本イノベーター大賞」優秀賞を受賞。「カンブリア宮殿」や「SWITCHインタビュー」などテレビ出演のほか、セミナー・講演も多数。著書は『奈良の小さな会社が表参道ヒルズに店を出すまでの道のり。』『経営とデザインの幸せな関係』(以上、日経BP社)など。