戦略シフト

石倉 洋子著
2009年9月11日 発売
定価 2,592円(税込)
ISBN:9784492532645 / サイズ:サイズ:A5判/ページ数:272

商品を購入する

概要

経営者のブレーンとしても活躍中の著者による初の本格的企業戦略論。「オープン化によるORからANDへの転換」という戦略シフトで日本企業は新たな価値を生み出せるようになる。

目次


PART1 新しい時代がもたらす変化とその意味合い
 第1章 産業革命以来の新しい時代
 第2章 閉ざされつつある日本と日本企業
 第3章 戦略論、国や地域の競争力からの示唆
PART2 企業戦略への要件と企業の役割
 第5章 世界の激変の中で、企業戦略をシフトせよ
PART3 開かれた企業、開かれた地域
 第6章 外部の組織の活用──企業のオープン・システム
 第7章 地域と企業の競争力の相関──閉ざされた地域・国
PART4 日本企業に求められる戦略シフト
 第8章 日本企業と企業人の新しい役割

 

著者プロフィール

石倉洋子
いしくら・ようこ

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
上智大学外国語学部英語学科卒業後、フリーの通訳などとして活躍。1980年バージニア・ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)、85年ハーバード・ビジネス・スクールにて経営学博士(DBA)取得。85年よりマッキンゼー・アンド・カンパニーにて、日本の大企業の戦略・組織・企業革新のコンサルティングに従事。92年から青山学院大学国際政治経済学部教授。2000年から一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。2011年4月から現職。

著書に『グローバルキャリア』東洋経済新報社、『世界級キャリアのつくり方』(共著、東洋経済新報社)、『戦略シフト』(東洋経済新報社)、訳書に『戦略経営論』(同)。