CSV経営戦略

名和 高司著
2015年10月16日 発売
定価 2,592円(税込)
ISBN:9784492533697 / サイズ:サイズ:四六判/ページ数:384

CSV(共通価値の創造)とは、戦略論の泰斗マイケル・ポーター(ハーバード大学教授)が、2011年に提唱した新しい経営モデル。企業は、抜本的な社会課題を解決することで、経済価値を同時に増大できる。これは慈善や非営利の事業ではなく、本業としての経営戦略に組み込むことで初めて実現できる。CSVは、従来の戦略論を根本から見直す試みであり、世界的にも大きな影響を与え始めている。本書では、日本企業がCSVをいかに自社の経営戦略に取り込み、飛躍を遂げていくべきか。ポーター教授の下で学び、現在ビジネススクールで教鞭をとりながら、ファイストリテイリング、BCGをはじめとする企業のアドバイザーを務める著者が、ポーター教授の理論やCSRとの違い、豊富な内外の企業事例、そして、実践に至るまでを具体的に提案するものである。著者とポーター教授、グラミングループ総裁のムハマド・ユヌス博士との各対談も収録。

 

商品を購入する

概要

企業は抜本的な社会課題を解決することで、経済価値を同時に増大できる。世界で話題の戦略論を解説した初の本格的経営書。

目次

第1章 21世紀型経営モデルの出現
第2章 CSVで世界をリードする欧米企業
第3章 新興国発CSVの台頭
第4章 日本のCSVフロントランナー
第5章 ファーストリテイリングのCSV経営
第6章 CSV経営を実践する
第7章 CSV2.0への道
第8章 J-CSVが実現するグローバル成長

著者プロフィール

名和 高司  【著】
なわ たかし

1957年生まれ。80年東京大学法学部卒業、三菱商事に入社。90年ハーバード・ビジネススクールにてMBA取得。日本人として2人目のベーカー・スカラーを授与される。その後、約20年間、マッキンゼーのディレクターとしてコンサルティングに従事。自動車・製造業分野におけるアジア地域ヘッド、ハイテク・通信分野における日本支社ヘッドを歴任。2010年より現職。14年より日本を代表する約30社の次世代リーダーが参加する「CSVフォーラム」を主催。また、企業における次世代リーダーの育成と実践を支援する組織として、ジェネシスパートナーズとネクスト・スマート・リーンの2社を設立し、代表取締役に就任。現在、ファーストリテイリング、NECキャピタルソリューション、デンソー、味の素の社外取締役のほか、ボストン コンサルティング グループなどのシニアアドバイザーを兼任。主な著作に『学習優位の経営』『「失われた20年の勝ち組企業」100社の成功法則』『マッキンゼー 戦略の進化』『ハーバードの挑戦』などがある。