戦略思考のフレームワーク

西村 行功著
2010年3月19日 発売
定価 1,944円(税込)
ISBN:9784492556641 / サイズ:サイズ:四六判/ページ数:272


不確実な未来に備えるシナリオ・シンキングを身につけよう!




激変するビジネス環境を生き抜くためには、現在起こっている事象をもとに自分なりの思考を構築する、戦略的な思考法が必要不可欠となっている。


因果思考や演繹的推論などの基盤的な思考から、ロジカル・シンキング、システム・シンキング、シナリオ・シンキング、MECE、ボールパーク・フィギュアといった、フレームワーク的な思考のパターンを学び、それを状況に合わせて組み合わせて活用する中長期的な戦略を立てるための「戦略思考のフレームワーク」の思考法を、気鋭のコンサルタントが教える。

商品を購入する

概要

激変するビジネス環境に対応し、中長期的な戦略を立てるために必要な思考法を、気鋭のコンサルタントが教える。ロジカルシンキングを超える究極の「メタ思考」を身につけよう!

目次


第1章 戦略思考のフレームワーク

第2章 シナリオという複眼発想をもとう:オープンマインド設定スキル

第3章 シナリオ・シンキングを実践しよう:フレームワーク活用スキル

第4章 シナリオ・シンキングの思考・議論プロセスを意識しよう:プロセスマネジメントスキル

第5章 思考フレームワークのどこが役に立つのか

 

著者プロフィール

西村行功
にしむら・みちなり

株式会社 グリーンフィールド コンサルティング 代表取締役。
1963年、長崎県生まれ。一橋大学商学部卒業後、オムロンにて、マーケティング戦略 および全社経営戦略の策定に従事。ミシガン大学経営大学院修士課程終了後(MBA with Distinction)、戦略コンサルティングのコーポレート・ディレクション、CSC Index(サンフランシスコ事務所)を経て、株式会社グリーンフィールド コンサル ティングを設立。

シナリオ・プランニング、中期事業戦略、新規事業・新商品開発戦略、企業変革、人 材育成などの分野を中心に活動している。シナリオや戦略について対話型で検討する 「ワークショップ」やプロジェクト・メンバーへの「戦略コーチング」などの進め方 で、「企業自らが考えること」を側面支援する「プロセス・コンサルティング」を実 践する。

シナリオ・プランニングでは、90以上のプロジェクトに参加。エネルギーからエレク トロニクス、消費財に至るまで幅広いテーマについての経験を有し、プロフェッショ ナル・ファシリテーターとして、これまでに2,000人を超える参加者と「対話」した 実績を持つ。

著訳書・論文: 著書に『シナリオ・シンキング』(ダイヤモンド社)、『システム・シンキング入 門』(日経文庫、日本経済新聞出版社)、『知りたいことは「面」に聞け!』(日本 経済新聞出版社)、訳書に『シナリオ・プランニング』『入門シナリオ・プランニン グ』『不確実性のマネジメント』『カスタマー・バリュー』(いずれもダイヤモンド 社)。寄稿論文など多数。

連絡先:
e-mail:admin@greenfield-japan.com
URL:http://www.greenfield-japan.com