ファッション&ラグジュアリー企業のマネジメント

ブランド経営をデザインする

エリカ コルベリーニ著/ステファニア サヴィオロ著/長沢 伸也監訳/森本 美紀監訳
2013年5月24日 発売
定価 3,780円(税込)
ISBN:9784492557280 / サイズ:A5/上/352

ファッションは、閃き、創造性、直感、そして組織であり、戦略であり、マネジメントである――。

ディオール、グッチ、プラダ、アルマーニなど世界的ラグジュアリーファッションブランドやZARA、H&Mなどファストファッションを例に、グローバルに成功するためのマネジメント手法を解き明かす。

・ファッション、ラグジュアリーとは何か?
・インド、中国におけるラグジュアリー消費とは?
・デザイナーズブランド、プレミアムブランド
・ラグジュアリー消費の主要な推進力は?
・伝統への梃子入れ、最良の事例
・「注文生産」ファッションと「在庫生産」ファッション
・ブランド拡張におけるライセンスの役割とは?

本書では、ラグジュアリー・ブランドの位置付けから、発展的な小売流通、イメージ戦略、ブランドの拡張からライセンス販売に至るまで、主に4つの点に焦点を当てながら、実践的にわかりやすく解説する。
①ファッションとラグジュアリーの定義
②国別の販売モデル
③ファッションやラグジュアリー産業におけるにセグメント、ビジネスモデル、顧客セグメント
④ブランドのマネジメント
原書は、欧州のトップ・ビジネススクールを擁するイタリア・ボッコーニ大学大学院における指導テキスト、この分野における定番書である。

■■■本書の主な特徴■■■
全体としては、ラグジュアリー企業のビジネス戦略を主題とした書籍が極めて少ない中、「ファッションとラグジュアリーの事業論理は一つに収斂する」と主張して、その論理と方法論を高い水準で論じる。
各部の特徴は以下のとおり。

第1部:歴史、文化的背景を基にしたファッションおよびラグジュアリーの定義付けと、ファッション&ラグジュアリー企業の北米、ヨーロッパ、アジアにおける変貌を簡潔に記載する。
第2部:欧米として一くくりにされることが多いフランス、イタリア、アメリカ各国における国別モデルと、近年のアジアにおける経済成長国である中国とインドの国民性や文化的背景からファッション&ラグジュアリーのポジショニングを分析し、成功を収めている企業を取り上げ検証する。
第3部:産業セグメント、ビジネスモデル、および消費の駆動力を考察するための消費者の細分化というビジネス論理について述べる。
第4部:ブランドマネジメントの要諦として、ポジショニングとしてのブランディング、ブランドの伝統と物語を語ること、ブランド固有のアイデンティティと製品開発過程、小売りアイデンティティと流通過程、イメージ・アイデンティティとコミュニケーション過程、ブランド拡張とライセンス・マネジメントを詳細に分析・検討する。

商品を購入する

概要

ラグジュアリー・ブランドの位置付けから、発展的小売流通、イメージ戦略、ブランド拡張からライセンス販売までの実践的解説。

目次

序:レンツォ・ロッソ、フェデリコ・マルケッティ

緒論

第1部:ファッション&ラグジュアリーの定義付け
1章:ファッションの定義付け
2章:ラグジュアリーの定義付け

第2部:国別モデル
3章:国別モデル
4章:ファッション&ラグジュアリーブランドのインド戦略
5章:ファッション&ラグジュアリーブランドの中国戦略

第3部:産業セグメント、ビジネスモデル、および消費の推進力
6章:産業の細分化
7章:ビジネスモデル
8章:消費者の細分化

第4部:ブランドマネジメント
9章:位置付けとしてのブランディング
10章:ブランドの伝統と物語を語ること
11章:様式的アイデンティティと製品開発過程
12章:小売アイデンティティと流通過程
13章:イメージアイデンティティとコミュニケーション過程
14章:ブランド拡張とライセンスマネジメント

著者プロフィール

エリカ コルベリーニ  【著】
えりか こるべりーに

ボッコーニ大学経営大学院(SDA)のファッションならびにラグジュアリー企業マネジメントの担当教授。 ファッション・経験デザインマネジメント(MAFED)の監督教授でもある。 コミュニケーションとプレステージブランドのカスタマーサービスまでを専門分野とする。

ステファニア サヴィオロ  【著】
すてふぁにあ さヴぃおろ

ボッコーニ大学経営大学院(SDA)の)ファッションならびにラグジュアリー企業マネジメントの担当教授。 ファッション・経験デザインマネジメント(MAFED)の担当ディレクター。 専門分野はブランドマネジメントから国際ビジネスに及び、海外のビジネススクールでの教鞭を歴任。

長沢 伸也  【監訳】
ながさわ しんや

早稲田大学大学院商学研究科専門職学位課程ビジネス専攻(早稲田大学ビジネススクール)および博士課程商学専攻教授。早稲田大学理工学部卒業、同大学大学院理工学研究科博士前期課程修了。立命館大学経営学部教授などを経て、2003年より現職。2008-09年フランスESSECビジネススクール客員教授。2012年より早稲田大学ビジネススクールMBAプロフェッショナルプログラムラグジュアリーブランディング系モジュール(LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン寄附講座)責任者、早稲田大学ラグジュアリーブランディング研究所所長。工学博士。専門はデザイン&ブランドイノベーション・マネジメント。著書に、『シャネルの戦略―究極のラグジュアリーブランドに見る技術経営』(編著、東洋経済新報社、2010年)、『それでも強い ルイ・ヴィトンの秘密―不況に負けない「ブランド力」の作り方』(講談社、2009年)、『ルイ・ヴィトンの法則』(編著、東洋経済新報社、2007年)ほか多数。訳書に『ラグジュアリー戦略』(東洋経済新報社、2011年)

森本 美紀  【監訳】
もりもと みき

早稲田大学大学院商学研究科専門職学位課程ビジネス専攻。
学校法人文化学園文化学園大学、同短期大学 非常勤講師。
慶應義塾大学経済学部卒業後、大手アパレルメーカーのマーチャンダイザー、スペインSPA企業のマーチャンダイザー兼バイヤー、財団法人ファッション産業人材育成機構 IFIビジネススクール教務課を経て、2005年より現職。専門は「現代ファッション情報論」、「アパレル商品企画論」、「マーチャンダイジング論」、「ファッションマーケットリサーチ論」等。