100年企業戦略

「持たざる」から「持つ」経営へ

宮沢 文彦著
2018年6月15日 発売
定価 1,620円(税込)
ISBN:9784492961483 / サイズ:四六/並/196

経営者必読!企業の永続を支える「100年企業戦略」とは

会社の大きな使命の1つは、事業を継続させることです。
日本には創業100年を超える長寿企業、「100年企業」が約3万社あります。これらの確固たる経営を続けている企業の共通点、それは安定したキャッシュフローを構築していること。
100年企業に共通する安定した財務基盤を得るための事業とは――。
それは、東京の一等地の優良不動産を活用した不動産賃貸業です。
これによって安定した収益を確保し、事業継続の推進力となっているのです。
本書では、東京・都市圏の今後の展望、安定的収入源としての不動産賃貸業の魅力、「区分所有オフィスR」のメリットなどについて図解とともにわかりやすく解説しています。

商品を購入する

概要

企業が100年を超える長寿企業として栄えるにはどうすれば良いのか?都心の不動産の有効活用で事業継続力を身につける方法を紹介。

目次

はじめに――『陸王』のこはぜ屋が、もし都心に土地を持っていたら……
第1章 100年企業に学ぶ「東京一極集中」時代の生き残り術
第2章 五輪後もますます栄える世界都市TOKYO
第3章 【対談】アジアNo1都市・東京の特異性と役割
第4章 安定的収入源としての不動産賃貸事業の魅力
第5章 不動産を活用した資産形成と区分所有オフィス
終章 100年企業をつくる



著者プロフィール

宮沢・文彦  【著】
みやざわ ふみひこ

平成元年 早稲田大学商学部卒業。同年、ユニバーサル証券株式会社(現 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)に入社する。その後、不動産業界の可能性に着目し、不動産会社への転職を決意。平成7年、株式会社レーサム・リサーチ(現 株式会社レーサム)入社、営業部長として活躍し不動産コンサルティングを行う。収益不動産として高い将来性が見込まれた「区分所有オフィス」に魅力を感じ、平成11年4月に株式会社ボルテックスを設立し、現在に至る。宅建マイスター認定者。