東洋経済オンライン『ひとよ』独占試写会

東洋経済オンライン『ひとよ』独占試写会

親と子は、どうしていつもすれ違うのか
尊くも時に残酷な“家族の絆”を描き出すヒューマンドラマ『ひとよ』


どしゃぶりの雨が降るある夜、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛する夫を手にかけました。それが、子供たちの幸せと信じて(東洋経済オンライン記事「映画「ひとよ」は家族の再生を描く人間ドラマだ」を参照)。

次男の雄二(佐藤健)、長女の園子(松岡茉優)、長男の大樹(鈴木亮平)は、心に傷を残したまま大人になり、事件の日から前に進めないでいました。そんな中、約束の15年の時を経て、こはるが帰ってきます。

こはるの決断は本当に正しかったのか。こはるが帰ってきたことをきっかけに、止まったままだった家族の時間が動き出します。すれ違い続ける“親”と“子”が真正面から向き合い、たどりつく衝撃の結末とは…。

『凶悪』や『孤狼の血』の白石和彌監督が、【家族】というテーマに初めて真正面から挑み、一夜(ひとよ)にして激変してしまった家族の運命を通して、言葉にできない“究極の愛”を観る者すべてに問いかける、ヒューマンドラマの大傑作が誕生しました。

11月8日(金)の公開に先立ち、映画『ひとよ』の試写会を、東洋経済オンライン読者様だけの貸切会場で開催いたします。皆さまのご応募をお待ちしております。

開催概要

日時 2019/9/30(月) 19:00
18:30開場
参加費 無料
会場 東京都内の試写室
※場所の詳細は当選メールにてお知らせします。
ご招待人数 抽選120名様
応募締切 2019年9月23日(月)
応募条件 ・当選の皆さまには、9月25日(水)前後に登録メールアドレス宛にメールで連絡いたします。このメールをもちまして当選発表に代えさせていただきます。
・関係者各位のご応募は抽選対象外となります。
・本キャンペーンは(株)東洋経済新報社による提供です。