会社四季報プロ500

『会社四季報』をわかりやすく!銘柄選びの決定版

2021年 春号
2021年3月19日 発売
定価 1,400円(税込)
JAN:4910022750417

会社四季報 発売日通知のご登録はこちらから

初心者からベテランまで銘柄選びの情報満載!
「四季報」をわかりやすく!銘柄選びの決定版

新次元の春を迎える日本株

最高益更新、21年度回復の好業績株
高利回り、連続増配
伸び盛り21世紀生まれ銘柄
環境意識向上で注目のグリーン関連
全上場銘柄大診断 割安度/理論株価/進捗率

相場をリードする注目テーマと関連株を深掘り
水素 GIGAスクール EV 全固体電池 量子コンピュータ
有機EL 不妊治療 EUV デジタル通貨 クラウド eコマース 5G


四季報記者に聞く 新年度業績で期待の銘柄は?

→読者プレゼントへのご応募&「全上場銘柄を大診断」のデータファイルダウンロードはこちら
→「リスク情報・理論株価の詳細解説」はこちら
おトクな定期購読

商品を購入する

目次

新次元の春を迎える日本株

注目テーマ絡みの好業績銘柄がズラリ
本命銘柄50
期待銘柄200 
注目銘柄250
 

相場をリードする有望テーマを徹底解説

  1. 連続最高益、久しぶり最高益に加え21年度回復組も 好業績 
  2. 高利回り、長期保有にも向く? 連続増配 高配当 
  3. 購入価格10万円未満も満載、お値ごろ価格が嬉しい!! 少額投資 
  4. 伸び盛り、育ち盛りの新興ベンチャーが目白押し 21世紀生まれ 
  5. 低PER、低PERの出遅れ大型株にも注目 バリュー株 
  6. 買い集まれば続騰も!ROE高水準の大型株 外国人買い 
  7. 買収に積極的な銘柄や親子上場、モノ言う株主、再編期待も M&A  
  8. EV、水素、再生エネルギーから脱プラ、食品ロス、ESGまで大潮流 グリーン 
  9. DX、クラウド、サブスク、サイバーセキュリティ・・・ますます進む!! デジタル化
  10. テレワーク、eコマース、宅配サービス、非接触・・・新常態で活躍続く!? ニューノーマル 
  11. AI、自動運転、量子コンピュータ、EUV、全固体電池・・・新時代に有望 新技術
  12. GIGAスクール、不妊治療、キャッシュレス、シェアリング、国土強靭化から生活防衛・・・、見逃せないこのテーマ 大化け期待 
     

特集:四季報記者に聞く 新年度業績で期待の銘柄 

株主優待詳細情報

プロ500 徹底活用法
ポイント解説 プロ500を使い切る方法
銘柄ページ詳細解説/見方・使い方 
株価チャートを使った売買サインの見つけ方 

マクロウォッチ/会社四季報春号でわかった伸びる業種 

今号掲載の500銘柄注目ランキング 
 PER PBR 高配当利回り 高ROE 営業増益率 純増益率 信用好取組 でランキング

前号フォローアップ 前回掲載銘柄の値上がり率上位 

全上場3823銘柄を大診断/無料ダウンロードサービス 
PER PBR 理論株価 業績進捗率(会社営業増益率)で徹底比較

トレンド転換を示唆 52週線上抜け50銘柄 

会社四季報最新ランキング
四季報業績予想が強気の100銘柄  
今来期に業績が伸びる100銘柄 
来期の業績期待が高まった100銘柄 
ROEが高い・改善する100銘柄 
高配当利回り100銘柄

データ&インデックス 
日経平均やTOPIX、NY、香港など各国市場の株価推移から主体別売買動向までデータ満載

図書カードなどすてきなプレゼントが当たる読者アンケート/編集後記 
 

シリーズ

  • 会社四季報
    会社四季報
    定価 2,300円(税込)
    ビジネス、投資、就職、およそ日本の会社を知るには欠かせない情報ハンドブック。
  • 会社四季報ワイド版
    会社四季報ワイド版
    定価 2,900円(税込)
    『会社四季報』(通常版)の2倍の文字で読みやすい!
  • 会社四季報CD-ROM
    会社四季報CD-ROM
    定価 7,700円(税込)
    全上場企業情報のNo.1データベース&最強検索ツール!

訂正情報

「会社四季報プロ500 2021年春号」(2021年3月19日発売)に、以下の間違いがありました。
訂正してお詫びいたします。
 

28ページ
「21年度の大化け銘柄」

記事部分

(誤)今2021年3月期第3四半期(2020年10~12月期)の受注高が過去最高を記録。特に同期間の中国向け受注高は、前年同期比167%増の598億円と急増している。
 ↓
(正)今2021年3月期第3四半期(2020年10~12月期)の中国向け受注高は、前年同期比167%増の598億円と急増している。 同期間のロボット部門(全地域)の受注高は過去最高を記録した。