提案・説得・交渉が劇的に上達する、プレゼンテーションスキル向上講座

対面でもオンラインでも怖くない!

提案・説得・交渉が劇的に上達する、プレゼンテーションスキル向上講座

Microsoftの人気エバンジェリストによる最新メソッドで、聞き手の「心」を動かす!

開催概要

実施形式
オンデマンド配信
講座時間
3時間
視聴期間
ご入金確認から20日間
申込締切
2024年3月31日(日)23:59
受講料
39,600円(税込)
お申し込みはこちら

※必ず「注意事項」をご確認のうえ、お申し込みください。

講座のポイント

(1)聞き手の期待に応える「シナリオの考え方」

多くの人が最後まで熱心に耳を傾けるプレゼンテーションには、必ず優れた展開や共通点が存在します。日常業務の中で役立つシナリオ作りのポイントを短時間で習得いただけます。

(2)聞き手の視線を誘導し続けられる、今どきの「スライド」の作り方

対面だけでなく、オンラインでのプレゼンテーションも増えてきた中で、最新の「スライド」作成術から生成AIによるデータ・画像の活用法まで、明日からすぐに使える多数のテクニックを公開します。

(3)聞き手を巻き込む、魅力あふれる「話し方」

顧客視点に立った双方向のコミュニケーションが、いっそう求められる時代に。身振り・言葉遣い・聞き手の状況把握など、聞き手の「心」をどのようにつかんでいくか、人気エバンジェリストの講義から体感していただきます。

プログラム

相手の「心」を動かす、令和時代の最新プログラム

  1. 相手と会話できるプレゼンテーションとは?
  2. 聞き手の期待に応える「シナリオ」の考え方
  3. 聞き手の視線を誘導し続けられる、今どきの「スライド」の作り方
  4. 聞き手を巻き込む、魅力あふれる「話し方」
  5. オンラインプレゼンテーションの押さえておくべきポイント
  6. ChatGPTを使ったプレゼンテーション技術
  7. まとめ

受講者の声

  • テンポよくわかりやすい内容で、ぜひ社内で共有したいと思った。(製造業・管理職)
  • 非常に実践的にすぐに取り入れられる内容ばかりであった。(建設業・営業職員)
  • 自分の方法とはまったく異なるもので、新しい価値感を得られて有意義だった。(物流システム・中堅職員)
  • 講義を聞いて、明日から自信を持ってプレゼンテーションしたいと思った。(ITビジネス・若手営業職員)

講師紹介

西脇 資哲 氏

日本マイクロソフト株式会社  エバンジェリスト・業務執行役員

西脇 資哲 氏

250社超・5万人を納得させた人気エバンジェリスト

2013年、株式会社日経BP社 "世界を元気にする100人"に選出。2015年から京都大学iPS細胞研究所 山中伸弥所長のコミュニケーションアドバイザーを務める。
1996年から13年間、日本オラクル株式会社にてマーケティング担当として従事し、現在はマイクロソフトにて多くの製品・サービスを伝え広めるエバンジェリスト。講演や執筆活動も行い、IT 企業だけでなく、製造業、金融業、官公庁から小学校、中学校、高校や大学でのプレゼンテーション講座を幅広く手がける。
著書に『エバンジェリストの仕事術』『プレゼンは「目線」で決まる』『新エバンジェリスト養成講座』など。TOKYO FM 「エバンジェリストスクール!」のパーソナリティーを乃木坂46とともに3年間務める。

開催概要

実施形式 オンデマンド配信
販売期間 2024年2月9日(金)~3月31日(日)23:59
対象 最新のプレゼンテーション術を知りたい方
経営者・役員・管理職・事業責任者・営業担当者、エンジニアなど
社内説得・商品提案・対外交渉スキルを身に付けたい方
視聴方法 本講座はオンライン配信いたします。
ご購入後は、専用の動画視聴サイトにログインして、ご受講いただけます。
詳細は下記「注意事項」欄をご確認ください。
視聴期間 ご入金確認から20日間
※視聴期間はご入金確認から開始となります。期間中、何度でも視聴いただけます。
講座時間 3時間
備考 本講座は企業内研修としてもご活用いただけます。
3名様以上同時申し込みで2人目以降から10%OFFが適用になります。
ご希望の際はこちらからご連絡ください。
受講料 39,600円(税込)
主催 東洋経済新報社

注意事項

下記ご確認のうえ、お申し込みください。
※東洋経済IDをお持ちでない方は、お申し込みと併せてご登録をお願いいたします。

ご受講について

  • 本サービスは動画視聴サービスです。ご購入後に こちらのサイトにログインいただき、ご視聴いただけます。
    ※当動画は2023年11月22日開催「プレゼンテーションスキル向上講座」を収録・編集したものです。
  • ご購入完了後にも、ご視聴ページについてメールでご案内をお送りいたします。
  • ご購入後、視聴期間20日間は何度でもご覧いただけます。
  • 推奨動作環境について
    動作ブラウザーは下記のとおりです。
    Chrome、Firefox、Safari、Microsoft Edgeの各種最新版
    お使いの環境によって、動作しないケースもございます。
  • 動画、資料の利用権は期間内、ご本人様に限らせていただきます。
  • 安定した通信環境、動画視聴に適した設備にてご視聴ください。
  • 視聴に伴う通信料は、お客様のご負担となります。

支払い方法

クレジットカード、コンビニ払いにて承ります。コンビニ払いの場合はご入金後に利用いただけます。

<コンビニ払いでのご購入からご利用までの流れ>
コンビニ払いでのご入金後に「プリペイドコード」が発行されます。
取得いただいた「プリペイドコード」をご入力いただくことで、サービスをご利用いただけます。

①下記リンク先から、コンビニ払いをご選択の上、お申し込みください。

弊社からプリペイドコードのご案内を電子メールでお送りします。
[プレゼンテーションスキル向上講座のプリペイドコードのご購入はこちらから]

②取得いただいたプリペイドコードを本ページ内の「お申し込みはこちら」をクリックし、画面の案内に従ってご入力ください。ご利用開始の操作が完了後、こちらのサイトにログインいただくことで動画をご視聴いただけます。

<請求書払いをご希望の場合>
こちらからお申込みください。

領収書について

  • クレジットカード払いの方は、購入サイト「マイアカウントページ」内の「購入履歴一覧」からダウンロードできます。
    マイアカウントページログインURL(https://str.toyokeizai.net/myaccount/)
    ログイン後、「マイアカウントページ」⇒「購入履歴一覧」へお進みいただき、ダウンロードしてください。
  • コンビニ払いの方は、コンビニにて発行の領収書をご利用ください。
 

キャンセルポリシー

サービスの特性上、お申し込み後のキャンセルは受け付けておりません。ご了承くださいますようお願いいたします。

個人情報の取り扱い

株式会社東洋経済新報社は、個人情報の重要性を認識し、保護の徹底に努めております。ご入力内容ならびにお客様の個人情報は、本講座の実施目的(確認のご連絡等)および東洋経済新報社からの各種ご案内、皆様に有益と思われる企業、団体からのご案内をお送りする場合にのみ使用いたします。
東洋経済新報社のプライバシーポリシーはこちらよりご確認ください。

その他注意事項

  • 当講座の資料および配信映像の著作権は、当社または第三者が保有しております。録画・録音・撮影等の複製ならびに改変・配布・配信等の2次利用はお断りいたします。不正にご利用の際は法的措置を取らせていただく場合がございます。
  • 競合サービスをご提供されている方、学習目的以外と思われる方につきましては、受講をお断りさせていただくことがございます。また、反社会的勢力に関係する方のご受講はいっさいお断りいたします。
お申し込みはこちら

※必ず「注意事項」をご確認のうえ、お申し込みください。

プログラム詳細

1.相手と会話できるプレゼンテーションとは?

  • なぜ今、プレゼンテーションスキルが求められるのか?
  • 必要とされるビジネススキルの変化
  • プレゼンテーションは朗読から会話へ
  • 世の中の動画コンテンツの急速なシフト
  • 優秀なプレゼンターの共通点とは

2.聞き手の期待に応える「シナリオ」の考え方

  • たった3つの相手を動かすシナリオのテクニック
  • 商品と相手を知ることの重要性
  • シナリオにおける「主張の一貫性」 
  • シナリオからスライドへの落とし込み 

3.聞き手の視線を誘導し続けられる、今どきの「スライド」の作り方

  • オンラインプレゼンテーションによる変化
  • スライド作成術(文字、画像、グラフ、デザイン、色使い、比率など) 
  • 最近のグラフのトレンド
  • 生成AIによる写真やイラスト
  • 意外と知らないPowerPointの機能

4.聞き手を巻き込む、魅力あふれる「話し方」

  • 顧客視点のプレゼンテーションとは
  • 効果的なプレゼンテーションに貢献する要素(身振り・言動)
  • 相手の立場で表現し、自分の体験を想像させる言葉選び 
  • 言葉遣いのマジック(相対時間・引用と比較・言葉の連呼・言葉の修飾・語尾活用法など) 
  • 緊張のもとになる不安を取り除く方法 

5.オンラインプレゼンテーションの押さえておくべきポイント

6.ChatGPTを使ったプレゼンテーション技術

7.まとめ