50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話

山中 伸枝著
2019年7月19日 発売
定価 1,512円(税込)
ISBN:9784492046487 / サイズ:四六/並/256

老後のお金2000万円不足問題は、この1冊で解決!

定年前後の5年間、
お金との付き合いには罠がいっぱいあります。
定年後の生活が始まる前に破綻してしまう人もいるくらい、
とっても危険な罠です。

この時期は、月々の収入は減りますが、
退職金を手にするときです。
普段、見たこともない大金を手にして
気持ちが大きくなっています。

現役時代には、投資話に耳を貸さなかった人が、
株式投資やFXなどに退職金をつぎ込んでしまいます。
ほかにも、豪華な海外旅行、高級外車の購入、
外貨建て生命保険の契約、家の購入、地方移住など、
挙げればキリがありません。

自分はきっとうまくいくと思い込んでいるけれども、
実際には悲惨な状況に陥ってしまうことが、
定年前後の5年間に起こることが本当に多いのです。

本書では、実際に本人たちから聞いた悲惨な話をもとに、
その実態と対策をしっかり解説します。

50歳を過ぎたらするべきこと、
50歳を過ぎたらしてはいけないことを、
しっかり知っておけば、
お金のことで老後が不安になることは、
きっとなくなるでしょう。

■本書に登場する悲惨な末路のケース

・退職金を「ご褒美」と勘違いした人の悲惨な末路
・職金で「株式投資」をした人の悲惨な末路
・保険は「いざというときの備え」と信じる人の悲惨な末路
・支店長のご挨拶で「いい気持ち」になった人の悲惨な末路
・親の資産を把握しなかった人の悲惨な末路
・現役時代の浪費癖から抜け出せない人の悲惨な末路
・安易に地方移住をしてしまった人の悲惨な末路

試し読み

商品を購入する

概要

明るい老後は定年前後の5年で決まる!黄昏研修で人気のFPが定年後のリアルな末路話を元に金融機関が絶対教えないお金の話を解説!

目次

第1章 本当に1億円も老後資金が必要なの?

「定年までに1億円」というウソをばらまく人たち
実際の老後資金はいくら貯めればいいの?
50歳を過ぎたら、お金のことをゴールから考える …ほか

第2章 50歳を過ぎたらやってはいけない「収入」の話

退職金をご褒美と思ってはいけない
退職金の平均額を信じてはいけない
現役のときと同じくらい稼げると思ってはいけない …ほか

第3章 50歳を過ぎたらやってはいけない「投資」の話

「もう年だから」と資産運用をあきらめてはいけない
窓口でお勧め商品を聞いてはいけない
保有している投資信託を一度に解約してはいけない …ほか

第4章 50歳を過ぎたらやってはいけない「保険」の話

生命保険で資産形成をしようと思ってはいけない
夫婦2人のために高額保険料を払ってはいけない
保険外交員の情にほだされてはいけない …ほか

第5章 50歳を過ぎたらやってはいけない「預金」の話

退職金を焦って運用してはいけない
銀行なら「どこでも同じ」と思ってはいけない
キャンペーン金利に乗せられてはいけない …ほか

第6章 50歳を過ぎたらやってはいけない「介護と相続」の話

「親の財産を知らない」で済ませてはいけない
親が要介護になっても介護離職だけはしてはいけない
親の介護でパニックになってはいけない …ほか

第7章 50歳を過ぎたらやってはいけない「家計」の話

細かい節約術で支出が減ると思ってはいけない
退職後に家を買ってはいけない
住宅ローンを退職金で完済してはいけない …ほか

第8章 50歳を過ぎたらやってはいけない「老後生活」の話

ビジネスプランもなく士業で開業してはいけない
妻におうちカフェを開業させてはいけない
年金の離婚分割をあてに熟年離婚をしてはいけない …ほか

著者プロフィール

山中 伸枝  【著】
やまなか のぶえ

心とお財布を幸せにする専門家、ファイナンシャルプランナー(CFP)、確定拠出年金相談ねっと代表、一般社団法人公的保険アドバイザー協会理事。1993年米国オハイオ州立大学ビジネス学部卒業後、メーカーに勤務。これからはひとりひとりが、自らの知識と信念で自分の人生を切り開いていく時代と痛感し、ファイナンシャルプランナー(FP)として2002年に独立。現在、年金と資産運用、特に確定拠出年金やNISAの講演、ライフプランの相談で全国を飛び回りながら、ウェブやマネー誌などで情報発信するなど、お金のアドバイザーとして精力的に活動している。著書に、『「なんとかなる」ではどうにもならない定年後のお金の教科書』(クロスメディア・パブリッシング)、『ど素人が始めるiDeCoの本』(翔泳社)などがある。