図解 海外子会社マネジメント入門

ガバナンス、リスクマネジメント、コンプライアンスから内部監査まで

毛利 正人著
2014年7月11日 発売
定価 2,420円(税込)
ISBN:9784492093184 / サイズ:A5/並/224

実務経験豊富なプロフェッショナルが、海外子会社不正やリスク、現地経営者への権限委譲、クロスボーダーM&A後マネジメントを事例でやさしく解説する。

企業のグローバル展開の加速に伴い、海外子会社の設立やM&Aが急増している。同時に、海外リスクは多様化しており、本社の知らぬ間に顕在化したリスクが、巨額の損失を生んだり、グループ全体の企業価値を毀損するケースも少なくない。実際、企業の不正案件としてもっとも多いのが海外子会社案件と言われている。

本書では、多様化する海外リスクの最新動向を踏まえた上で、海外子会社におけるリスクマネジメント・コンプライアンス体制の構築、その上での子会社への権限委譲、日本本社からのモニタリング(内部監査など)について、親会社のガバナンスの視点から解説。著者が実際のプロジェクトから得た知見・方法論をもとに、具体的な一連の実務の流れとしてわかりやすく解説する。

国内大手企業の企画部門、海外事業運営部門、コンプライアンス部門、内部監査部門の実務担当者、管理者必読。

商品を購入する

概要

実務経験豊富なプロが、海外子会社不正やリスク、現地経営者への権限委譲、クロスボーダーM&A後マネジメントを事例でやさしく解説

目次

第1章 日本企業のグローバル化とビジネスモデルの変化

第2章 海外子会社に対するガバナンスの手法と体制

第3章 海外子会社に対するガバナンスのデザインと導入事例

第4章 経営のグローバル化に伴うさまざまなリスク

第5章 海外子会社におけるリスクマネジメント活動の展開

第6章 海外子会社におけるコンプライアンス活動の展開

第7章 不正の予防・早期発見のための内部統制と内部通報制度

第8章 海外子会社に対する内部監査活動の展開

著者プロフィール

毛利 正人  【著】
もうり まさと

米国公認会計士、公認内部監査人、公認情報システム監査人。
クロウホーワス・グローバルリスクコンサルティング株式会社代表取締役社長。
早稲田大学政治経済学部卒業(経済学)、米国ジョージワシントン大学修士課程修了(会計学)。国内大手企業、国際機関(在ワシントンDC)、大手監査法人のエンタープライズリスクサービス部門ディレクターを経て現職。日本企業の海外子会社に対するコーポレートガバナンスサービスを専門としており、欧州、米州、オセアニア、アフリカ、アジア、中国などの世界各地で、内部監査、リスクマネジメント、買収海外子会社の調査、コーポレート ガバナンス体制導入などのプロジェクトを数多く実施。
著書に『リスクインテリジェンスカンパニー』(共著、日本経済新聞出版社、2009年)、『内部監査実務ハンドブック(初版・第2版)』(共著、中央経済社、初版:2009年、第2版:2013年)がある。