アジア経済読本(第4版)

渡辺 利夫編
2009年11月20日 発売
定価 3,024円(税込)
ISBN:9784492100226 / サイズ:サイズ:A5判/ページ数:424

商品を購入する

概要

中国・インドの躍進、FTAなどの動き、米国発の世界同時不況を経験した経済状況まで網羅した第4版。戦後の発展過程から現在の状況と課題までわかる、アジア経済入門の決定版。

目次


第1部 NIES
  第1章 韓国
      ──危機と改革
  第2章 台湾
      ──高度化する受託製造、深まる中国との関係
  第3章 香港
      ──変容する自由放任主義
  第4章 シンガポール
      ──都市国家の開発体制
第2部 東南アジア

  第5章 タイ
      ──開かれた国家の経済発展戦略
  第6章 マレーシア
      ──先進国入りを模索する多民族国家
  第7章 インドネシア
      ──新しい成長基盤形成への期待
  第8章 フィリピン
      ──経済成長への新たなチャレンジ
  第9章 華人経済
      ──在外華人は東南アジアをどう変えたか
第3部

  第10章 中国
      ──中国型資本主義の模索
  第11章 ベトナム
      ──脆弱性をどう克服するか
  第12章 ミャンマー
      ──計画経済から市場経済への転換
第4部

  第13章 インド
      ──台頭するグローバル・パワー
  第14章 パキスタン
      ──持続的貧困削減に向けて
  第15章 バングラデシュ
      ──豊かさへの挑戦