地方創生大全

木下 斉著
2016年10月7日 発売
定価 1,620円(税込)
ISBN:9784492212257 / サイズ:サイズ:四六判/ページ数:304

日本一過激な請負人のノウハウを1冊に凝縮した、日本一まっとうなガイドブック。



地方が抱える問題を「ネタ」「モノ」「ヒト」「カネ」「組織」の5つに体系化。

28もの「問題の構造」を明らかにし、明日から取り組める具体的な「再生の方法」を提言する。





●●●ネタ:「何に取り組むか」を正しく決める●●●

【問題の構造】「ゆるキャラ」は、大の大人が税金でやることか?

【再生の方法】地元経済の「改善」に真正面から向き合おう



【問題の構造】「食えたもんじゃない」特産品が生まれる理由

【再生の方法】本当に売りたければ最初に「営業」しよう

ほか





●●●モノ:使い倒して「儲け」を生み出す●●●

【問題の構造】「道の駅」が地方を衰退させるワケ

【再生の方法】民間が「市場」と向き合い、稼ごう



【問題の構造】「禁止だらけ」の公園が地域を荒廃させる

【再生の方法】公園は「地価上昇」のために使い倒そう

ほか





●●●ヒト:「量」を補うより「効率」で勝負する●●●

【問題の構造】乱暴すぎる「移住促進」策

【再生の方法】「誰を呼ぶのか」を明確にしよう



【問題の構造】人口は増えても減っても問題が起きる

【再生の方法】人口増加策より「自治体経営」を見直そう

ほか





●●●カネ:官民合わせた「地域全体」を黒字化する●●●

【問題の構造】補助金こそ「諸悪の根源」だと断言できる理由

【再生の方法】「稼いで投資し続ける」好循環をつくろう



【問題の構造】ふるさと納税は「来年、半減する」かもしれない

【再生の方法】税による安売り合戦をやめ、市場で戦おう

ほか





●●●組織:「個の力」を最大限に高める●●●

【問題の構造】地方は「みんなで決める」から間違える

【再生の方法】無責任な100人より行動する1人の覚悟を重んじよう



【問題の構造】悪質な「名ばかりコンサル」が地方を食い物にしている

【再生の方法】自分たちで考え、行動する「自前主義」を貫こう

ほか

商品を購入する

概要

地方再生請負人、地方創生のカリスマと称される著者が、多くの成功事例・失敗事例をもとに解説する「地方創生&街づくりのルール」。

目次

はじめに
第1章 ネタの選び方:「何に取り組むか」を正しく決める
第2章 モノの使い方:使い倒して「儲け」を生み出す
第3章 ヒトのとらえ方:「量」を補うより「効率」で勝負する
第4章 カネの流れの見方:官民合わせた「地域全体」を黒字化する
第5章 組織の活かし方:「個の力」を最大限に高める

おわりに

著者プロフィール

木下 斉  【著】
きのした ひとし

まちビジネス事業家
1982年東京生まれ。1998年早稲田大学高等学院入学、在学中の2000年に全国商店街合同出資会社の社長に就任。2005年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一橋大学大学院商学研究科修士課程へ進学。在学中に経済産業研究所、東京財団などで地域政策系の調査研究業務に従事。2007年より熊本城東マネジメント株式会社をはじめ、全国各地でまち会社へ投資、経営を行ってきた。2009年、全国のまち会社による事業連携・政策立案組織である一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンスを設立、代表理事就任。内閣官房地域活性化伝道師や各種政府委員も務める。主な著書に『稼ぐまちが地方を変える』(NHK出版新書)、『まちで闘う方法論』(学芸出版社)、『まちづくりの「経営力」養成講座』(学陽書房)、『まちづくり:デッドライン』(共著、日経BP社)などがある。