なぜ日本は若者に冷酷なのか

そして下降移動社会が到来する

山田 昌弘著
2013年11月22日 発売
定価 1,650円(税込)
ISBN:9784492223352 / サイズ:四六/並/256

【目次より】
◆若者に冷たい社会 子どもにやさしい親 ~親依存社会がもたらす格差の拡大
◆生活レベルが親世代より低下する ~下降移動社会の到来
◆就職以外の選択肢がない学生たち ~大学の高校化が進んでいる
◆なぜ若者は恋人をつくらないのか ~消極化する男女交際のテコ入れが必要 
◆投機化する教育 ~学歴を費用対効果で格付する
◆家族をやめるという選択肢の広がり ~近代家族イデオロギーの崩壊


若者の経済状況に比べれば、その親世代が恵まれているとはいえ、格差があることは確かである。親が早く亡くなった、親自体がリストラに遭った、親が離婚したなど、さまざまな理由で、親に若者を依存させる余裕がないケースも増えてきている。若者が強者だった時代、おおむね1990年頃までは、学校を卒業さえすれば、男女とも自立して生活ができる定職に就くことができた。しかし、今は、学卒後、定職に就けない若者が増えており、親にも頼れない場合は、不安定な職で自立して生活するしかない。その結果、ホームレスやネットカフェ難民、そして、生活保護を受ける以外にまともな生活をする手立てがない状況に追い込まれる。つまり、欧米で見られたようなアンダークラスの若者が増え始める。日本では、そのような若者が大量に出てこないのは、まだ親が面倒を見ているからであり、それができない親が増えれば、当然、日本でもアンダークラスの若者が増えることは必然である。 (本文より)

商品を購入する

概要

若者に冷たい日本の将来はどうなる? 最も悲惨な下降移動社会の到来が避けられない。家族社会学の視点からの警告の書。

目次

序 章 若者に冷たい社会 子どもにやさしい親
第1章 若者に冷たい日本は「ブラック国家」なのか
第2章 「変容する家族」が新たな弱者を生む
第3章 ゆがんだ年金制度が「老後格差」を拡大させる
第4章 日本経済の停滞・凋落が止まらない
第5章 日本再浮上のために ~家族社会学からの提言

著者プロフィール

山田 昌弘  【著】
やまだ まさひろ