10年後に食える仕事 食えない仕事

渡邉 正裕著
2012年2月3日 発売
定価 1,620円(税込)
ISBN:9784492261033 / サイズ:サイズ:四六判/ページ数:222


くいっぱぐれるな! これが日本人だからこそ有利な仕事


 

ついに知的職業にまで忍び寄るグローバル化の影。しかし、グローバル化がいくら進んでも、日本人の仕事として残る仕事は、必ず残り続ける。逆に、減る仕事、賃金が下がり続ける仕事、消えてなくなる仕事も出てくる。



職の72%が価値を失うとされるグローバル時代の職業マップを、

(1)重力の世界、

(2)無国籍ジャンル、

(3)ジャパンプレミアム、

(4)グローカル、

という4つの次元に分類したわかりやすい図版を使って、10年後も食べられる仕事、10年後に消えてしまう仕事を明快に示す。営業、人事、経理など会社の部署ごとに分析、消える部署、残る部署、さらに各部署の中で残る仕事、消える仕事がわかる。銀行、商社、メーカー、IT、食品、マスコミなど残る業界、消える業界もわかる。さらに医者、弁護士、会計士、教師など残る資格、消える資格を示します。



自分がどの領域で稼ぐのかを考え、仕事を選び、能力を高めていくために必須の情報が満載の一冊。就活学生のみならず、現実の変化を実感している中高年層も必読です。


商品を購入する

概要

激変する世界そして経済。これから日本から消えゆく職業とはなにか。逆に最後まで日本に残る仕事とは? 4象限のマトリックス分析図とともに、職の本で定評のある著者が世に問う衝撃の一冊。

目次


はじめに ──正しい航海図を持とう
第1章 いま、何が起きつつあるのか
第2章 「日本人メリット」で食える仕事の条件
第3章 各エリアの職業とその特徴
第4章 判定チャート  10年後、あなたの仕事はどうなるのか?
第5章 10年後の生き残りかた
第6章 10年後の「日本人の雇用」
おわりに ──「頼れるのは自分だけ」の社会で

 

著者プロフィール

渡邉正裕
わたなべ・まさひろ

1972年東京生まれ。独立系ニュースサイトMyNewsJapanのオーナー社長兼編集長、自らもジャーナリストとして雇用・労働問題を中心に『企業ミシュラン』シリーズの執筆を続ける。慶應義塾大学(SFC)卒、日本経済新聞記者、日本IBMコンサルタントを経て、ジャーナリズムに特化したインターネット新聞社を創業。

著書に『若者はなぜ「会社選び」に失敗するのか』『トヨタの闇』『35歳までに読むキャリアの教科書』など。

●ブログ:http://www.mynewsjapan.com/blog/masa
●ツイッター:@masa_mynews
●連絡先:masa@mynewsjapan.com