劣化国家

ニーアル ファーガソン著/櫻井 祐子訳
2013年9月20日 発売
定価 1,760円(税込)
ISBN:9784492314395 / サイズ:四六/上/208

イギリス公共放送BBCが年に1人、当代最高の識者を招聘し
オンエアする「リースレクチャー」を書籍化。

いま最もすぐれた知性と目されるハーバード大歴史学教授が示す
「先進国の未来像」。

なぜ豊かな国が貧困へと逆戻りするのか? 

アダム・スミスの『国富論』やダグラス・ノースの制度論からひらめきを得て、
本書は書かれた。バーナード・マンデヴィル、エドマンド・バークから、
ジャレド・ダイアモンド、ポール・クルーグマン、ナシーム・タレブに至るまで、
新旧の知識人たちの主張を自在に参照しながら、「西洋の衰退」の本質に迫る。

商品を購入する

概要

『マネーの進化史』などで知られるハーバード大の気鋭の歴史学者が、『国富論』などの古典から洞察を得て、現代の難問を解き明かす。

目次

序 章 なぜ西洋は衰退したのか
第1章 ヒトの巣:民主主義の赤字
第2章 弱肉強食の経済:金融規制の脆弱さ
第3章 法の風景:法律家による支配
第4章 市民社会と非市民社会
結 論 大いなる衰退論からの示唆

著者プロフィール

ニーアル ファーガソン  【著】
にーある ふぁーがそん

1964年、イギリス、スコットランドのグラスゴー生まれ。オックスフォード大学モードリン・カレッジ卒業。イギリスで最も著名な歴史学者の一人。邦訳書に『文明――西洋が覇権をとれた6つの真因』(勁草書房、2012年)、『マネーの進化史』(早川書房、2009年)、『憎悪の世紀――なぜ20世紀は世界的殺戮の場となったのか』(早川書房、2007年)。

櫻井 祐子  【訳】
さくらい ゆうこ

京都大学経済学部卒業、オックスフォード大学大学院経営学研究科修了。大手都市銀行勤務などを経て現職。訳書に『イノベーション・オブ・ライフ』(翔泳社、2012年)、『ずる』(早川書房、2012年)、『マイケル・ポーターの競争戦略』(早川書房、2012年)、『選択の科学』(文藝春秋、2010年)など多数。