現代経済学の潮流2018

大橋 弘編/原 千秋編/細野 薫編/松島 斉編
2018年8月3日 発売
定価 2,592円(税込)
ISBN:9784492315095 / サイズ:A5/上/276

日本経済学会唯一の日本語版機関誌。収録された5本の論文は日本の経済学界を代表する経済学者による、最先端の研究です。パネル討論「トランポノミクスと日本経済」「技術革新と労働市場」の2本は、経済学者だけではなく、多彩なパネリストによる活発な議論が展開され、現実の政治・社会問題への経済学の貢献という点で大きな示唆を与えます。大学教員・大学院生など、経済学研究者にとっての必読文献です。

商品を購入する

概要

日本経済学会の日本語版機関誌。最先端の研究論文5本と、トランポノミクス、技術革新と労働市場がテーマのパネル討論を収録。

目次

第1章 実験データの再現性と経済理論の信頼性 ──神取道宏
第2章 日本の直接投資と国際貿易:実証研究のサーベイ ──清田耕造
第3章 拡大する人事データを用いた実証分析:企業内男女格差の多面的評価 ──大湾秀雄
第4章 実質為替レートと通貨体制:1972年沖縄返還からの示唆 ──加納和子・加納 隆
第5章 情報設計問題とLQG ゲーム ──宇井貴志
第6章 トランポノミクスと日本経済(パネル討論Ⅰ)
    ──祝迫得夫・植田健一・川口大司・清田耕造・馬場直彦
第7章 技術革新と労働市場(パネル討論Ⅱ)
    ──柳川範之・神林 龍・喜連川優・松尾 豊・山口慎太郎

著者プロフィール

大橋・弘  【編】
おおはし ひろし

東京大学大学院経済学研究科教授。1970年生。専門は産業組織、競争政策。

原・千秋  【編】
はら ちあき

京都大学経済研究所教授。1964年生。専門はミクロ経済学。

細野・薫  【編】
ほその かおる

学習院大学経済学部教授。1961年生。専門はマクロ経済学・金融論。

松島・斉  【編】
まつしま ひとし

東京大学大学院経済学研究科教授。1950年生。専門はゲーム理論。