暴力と不平等の人類史

戦争・革命・崩壊・疫病

ウォルター・シャイデル著/鬼澤 忍訳/塩原 通緒訳
2019年6月7日 発売
定価 5,940円(税込)
ISBN:9784492315163 / サイズ:A5/上/736

平等は破壊の後にやってくる

[戦争]第二次大戦後の日本 250万人戦死 トップ1%の富が9割下落
[革命]毛沢東「大躍進」 4000万人以上死亡 ジニ係数の劇的改善
[崩壊]西ローマ帝国の崩壊 あらゆる支配層の消滅 搾取の終焉・生活向上 
[疫病]欧州のペスト 2000万人死亡 実質賃金が2倍以上に
・・・・・・他多数

核戦争なき平等化はありえるか?

平等化に有効だった戦争と革命は、20世紀の現象だった。
21世紀の私たちはいかにして平等化を実現するのか?

スタンフォード大学古代史教授が
石器時代から現代まで、壮大なスケールで
世界各国の不平等の歴史を描き出す。

現代世界の不穏な空気を読み解く衝撃の書
世界11カ国で続々刊行!
FT & マッキンゼー ビジネス・ブック・オブ・ザ・イヤー話題作

【推薦の言葉】
「所得の不平等の歴史に関する最高の書物」
――タイラー・コーエン(ジョージ・メイソン大学教授、『大格差』著者)

「新石器革命から現代までの強力な長期分析。その点で本書を超える本はない。際立って斬新だ」
――フィリップ・T・ホフマン(カリフォルニア工科大学教授)

「挑発的な分析。理性、証拠、緻密なスタイルによって書かれている」
――スティーブン・ピンカー(ハーバード大学教授、『暴力の人類史』著者)

試し読み

商品を購入する

概要

石器時代から現代まで人類の富を平等化させてきたものは何だったのか。歴史的データを分析し、平等化メカニズムをつきとめた意欲作。

目次

序論 不平等という難題

第1部 不平等の概略史 
 第1章 不平等の出現
 第2章 不平等の帝国
 第3章 不平等の拡大と圧縮

第2部 第一の騎士――戦争
 第4章 国家総力戦――日本の大規模な平等化
 第5章 大圧縮――2度の大戦による先進国の富の劇的な分散
 第6章 前産業化時代の戦争と内戦――平等化の効果はあったか

第3部 第二の騎士――革命
 第7章 共産主義――全面的没収の実現
 第8章 レーニン以前――共産主義革命の原型

第4部 第三の騎士――崩壊
 第9章 国家の破綻と体制の崩壊

第5部 第四の騎士――疫病
 第10章 黒死病――暴力的ではない暴力的破壊
 第11章 流行病、飢饉、戦争――複合して発揮する平等化の効果

第6部 四騎士に代わる平等化のてだて
 第12章 改革、経済危機、民主主義――平和的平等化
 第13章 経済発展と教育――最大級の力を持つのか
 第14章 もしも・・・・・・だったら? 歴史から反事実的仮定へ

第7部 不平等の再来と平等化の未来
 第15章 現代はどうか?
 第16章 未来はどうなる? 

補遺 不平等の限界

著者プロフィール

ウォルター・シャイデル  【著】
うぉるたー・しゃいでる

スタンフォード大学人文科学ディカソン教授,古典・歴史学教授,人類生物学ケネディ‐グロスマン・フェロー.
オーストリア生まれ.1993年ウィーン大学Ph.D.(古代史).
著者・編者として16冊に及ぶ書物を上梓し,近代以前の社会・経済史,人口統計学,比較史に関 する幅広い研究成果を発表している.近刊として,Escape from Rome: the failure of empire and the road to prosperity, Princeton University Press, 2019.


鬼澤 忍  【訳】
おにざわ しのぶ

翻訳家.1963年生まれ.埼玉大学大学院文化科学研究科修士課程修了. おもな訳書に『競争優位の終焉――市場の変化に合わせて,戦略を動かし続ける』(日本経済新聞出版社,2014年),『これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫,2011年),『ルシファー・エフェクト――ふつうの人が悪魔に変わるとき』(共訳,海と月社,2015年)などがある.

塩原 通緒  【訳】
しおばら みちお

翻訳家.立教大学文学部英米文学科卒。おもな訳書に『偉大なる宇宙の物語』(青土社,2018年),『人体六〇〇万年史――科学が明かす進化・健康・疾病』(上下)(ハヤカワ文庫,2017年),『138億年宇宙の旅』(早川書房,2017年),『暴力の人類史』(共訳,青土社,2015年)などがある.