伊藤元重が警告する日本の未来

伊藤 元重著
2017年6月2日 発売
定価 1,650円(税込)
ISBN:9784492444436 / サイズ:サイズ:四六判/ページ数:296

AI、IoTがもたらす変化の本質とは

保護主義が台頭する世界経済を読みとく




ビジネスの現場を実際に観察する「ウォーキング・エコノミスト」であり、

わかりやすい解説で知られる伊藤元重教授が、

世界と日本で起こっているさまざまな変化の本質を読み解きます。

グローバル経済ではAI、IoTが生み出す勝者と敗者、

世界に広まる保護主義、日米FTAの行方、

日本においては働き方改革、生産性をどう引き上げるか、

穏やかなインフレによる財政再建の可能性など、

押さえておきたいポイントがぎっしり盛り込まれています。

商品を購入する

概要

産業・企業の興亡をもたらすAI、IoT、世界に広がる保護主義、これからの働き方など、経済社会の変化の本質をわかりやすく解説。

目次

第1章 AI、IoTの予想を超えるダイナミズム
第2章 技術革新は世界経済の停滞を打破できるか
第3章 入れ替わる勝者と敗者
第4章 ベンチャーに潰される大企業・大銀行
第5章 シェアリングがビジネスと働き方を変えていく
第6章 「マルチ」から「バイ」へと流れが変わった通商交渉
第7章 トランプ政権の保護主義とどう向き合うか
第8章 保護主義vs.市場主義のゆくえ
第9章 デフレ脱却のチャンスをつかめるか
第10章 働き方を一新しなければ経済は変わらない
第11章 2025年問題に向けた社会保障改革

 

著者プロフィール

伊藤 元重  【著】
いとう もとしげ

東京大学名誉教授。学習院大学国際社会科学部教授。
1951年静岡県生まれ。東京大学経済学部卒。1979年米国ロチェスター大学大学院経済学博士号(Ph.D.)取得。東京大学大学院経済学研究科教授を経て、2016年より現職。専門は国際経済学、ミクロ経済学。復興推進委員会委員長、安倍政権の経済財政諮問会議議員、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)社外取締役も務める。『東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと』(東洋経済新報社)、『経済大変動--「日本と世界の新潮流」を読み解く60の視点』(PHPビジネス新書)、『きもの文化と日本』(共著、日経プレミアシリーズ)、『どうなる世界経済--入門 国際経済学』(光文社新書)など著書多数。