ファンタジーランド(下)

狂気と幻想のアメリカ500年史

カート アンダーセン著/山田 美明訳/山田 文著
2019年1月18日 発売
定価 2,160円(税込)
ISBN:9784492444542 / サイズ:四六/上/416

【全米で話題のベストセラー、Amazonレビュー500件超】

9.11同時多発テロ、金融資本主義:投資家の王国、GAFA:現代の四騎士、1%vs.99%:超格差社会、トランプ現象:フェイクニュース…‥

迷走するアメリカはどこへ向かうのか。
新世界を信じた夢想家たちとその末裔が創り上げた500年の歴史から読み解く。


【絶賛の声、続々】

「トランプ政権誕生に関する圧倒的に優れた記述。2017年に読んだ最も重要な本」
ローレンス・オドネル(政治ジャーナリスト)

「すばらしいライターによるベストセラー。深呼吸して、この本に飛び込め」
トム・ブロコウ(ジャーナリスト、キャスター)

試し読み

商品を購入する

概要

迷走するアメリカはどこへ向かうのか。新世界を信じた夢想家たちとその末裔が創り上げた500年の歴史から読み解く。

目次

第5部 拡大する「ファンタジーランド」【1980年代から20世紀末まで】
第27章 空想を現実に、現実を空想に―巨大テーマパーク化する社会
第28章 いつまでも若く―「みんな子ども」症候群
第29章 レーガン政権とデジタル時代―ウェブの世界に広がる「ファンタジーランド」
第30章 20世紀末以降のアメリカの宗教―縮小する伝統的宗教
第31章 狂信化するキリスト教―科学を疑問視するアメリカ人
第32章 “アメリカ”vs.“神のいない文明世界”―なぜアメリカは例外的なのか?
第33章 キリスト教とは異なる魔術、宗教とは異なる精神世界―ニューエイジ運動の広がり
第34章 代替医療―再び魔術化する医学
第35章 主流派エリートの敗北―軟弱者、冷笑家、信奉者
第36章 何でもありの世界―最大の関心は人生を楽しく過ごすこと

第6部 「ファンタジーランド」はどこへ向かうのか?【1980年代から現在、そして未来へ】
第37章 甦るフロイト―20世紀の悪魔崇拝
第38章 現実は陰謀である―X-ファイル化するアメリカ
第39章 猛烈な怒り、人々の新しい声―エリート不信と陰謀論
第40章 共和党が道を踏み外したとき―なぜ、狂信者を統制できなくなったのか
第41章 科学を否定するリベラル派―ワクチン恐怖症の弊害
第42章 ガン・クレイジー―銃に熱狂する人たち
第43章 デジタル・ゲーム、VR、SNS―拡張する幻想・産業複合体
第44章 大人になるのは悪いこと?―ディズニー化するアメリカ
第45章 経済の夢の時代―繰り返される「根拠なき熱狂」
第46章 トランプ政権を生んだ国―ファンタジーランドと国民は歩みをともにする?

謝辞
索引

著者プロフィール

カート・アンダーセン  【著】
かーと あんだーせん

ベストセラーとなった小説『Heyday(絶頂期)』『世紀の終わり――ニューヨーク狂想曲』(早川書房、2000年)『True Believers(狂信者)』の著者。『バニティ・フェア』誌や『ニューヨーク・タイムズ』紙に寄稿し、『タイム』誌や『ニューヨーカー』誌で文化コラムや評論を担当しているほか、ラジオおよびポッドキャスト番組『スタジオ360』(ピーボディ賞受賞)の共同制作者兼ホストを務め、テレビや映画、舞台の脚本も担当している。『スパイ』誌の共同創設者、『ニューヨーク・マガジン』誌の編集長でもある。ハーバード・カレッジをきわめて優秀な成績で卒業しており、在学中は『ハーバード・ランプーン』誌の編集に携わっていた。現在はブルックリン在住。

山田・美明  【訳】
やまだ よしあき

英語・フランス語翻訳家。東京外国語大学英米語学科中退。訳書に『ありえない138億年史』(光文社)、『ゴッホの耳』(早川書房)、『アメリカを動かす「ホワイト・ワーキング・クラス」という人々』(共訳、集英社)など。

山田・文  【著】
やまだ ふみ

翻訳家。イギリスの大学・大学院で西洋社会政治思想を学んだのち、書籍翻訳に携わる。訳書に『3つのゼロの世界』(早川書房)、『ヒルビリー・エレジー』(共訳、光文社)など。