プロフェッショナル リーダーシップ

大前 研一監修/ビジネス・ブレークスルー大学編/森 時彦著/キャメル・ヤマモト著
2016年4月22日 発売
定価 1,650円(税込)
ISBN:9784492522189 / サイズ:サイズ:四六判/ページ数:276

大前研一監修、BBT大学シリーズ第2弾!



「答えのない時代」において自らのリーダーシップを見出し、

「結果を出す」ための羅針盤を、著名講師が提示します。



「役職があるからリーダーなのではない」ということに気付かせてくれる一冊。

自分なりのリーダーシップの取り方を模索し続ける、その第一歩を踏み出す勇気をもらえました。

商品を購入する

概要

大前研一監修! 「答えのない時代」において、自らのリーダーシップを見出し、「結果を出す」ための羅針盤を、著名講師が提示する。

目次

第1章 リーダーとは何者なのか――「答えのない時代」のリーダーシップとは
第2章 プロフェッショナル・リーダーが必要となる背景――世界と時代と世代
第3章 同調社会という日本企業固有の落とし穴――プロフェッショナル・リーダーへの気づき
第4章 プロフェッショナル リーダーを目指す君がすべきこと

著者プロフィール

大前 研一  【監修】
おおまえ けんいち

1943年福岡県生。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学(MIT)大学院原子力工学科で博士号を取得。日立製作所原子力開発部技師を経て、1972年にマッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社後、本社ディレクター、日本支社長、常務会メンバー、アジア太平洋地区会長を歴任し、1994年に退社。以後も世界の大企業、国家レベルのアドバイザーとして活躍する傍ら、グローバルな視点と大胆な発想による活発な提言を続けている。
1998年4月に株式会社ビジネス・ブレークスルー(BBT)創業、2005年12月に東証マザーズ市場上場。2005年4月にビジネス・ブレークスルー大学院大学開学、2010年4月に経営学部新設。
2013年10月にアオバインターナショナルスクールをBBTの子会社化し、1歳から幼・小・中・高までのインターナショナルスクールの教育及び経営に携わり、日本の将来を担うグローバル人材育成に力を注いでいる。

ビジネス・ブレークスルー大学  【編】
びじねす・ぶれーくするーだいがく

東京都千代田区「キャリア教育推進特区」認定の株式会社立大学として文部科学省の認可を受け、日本初のオンライン大学として2005年に開学(2005年当時は経営の専門職大学院のみの「BBT大学院大学」)。2010年には経営学部が設置され、学士・修士ともに授与可能な教育機関として、最先端の教育を学生に提供している。インターネットを利用した独自開発の遠隔教育システムにより、時間や場所の制約を受けずに学習を進めることが可能。遠隔教育システムによる双方向性を最大限に生かした、学生が主体となって集団のIQを高める学習方法が特徴。

森 時彦  【著】
もり ときひこ

株式会社ワイ・インターナショナル代表取締役社長、株式会社リバーサイド・パートナーズ シニアアドバイザー。大阪大学卒業、工学博士(Ph.D.)。MITスローン経営大学院卒業、経営学修士(MBA)。株式会社神戸製鋼所、日本GE株式会社役員、テラダイン日本法人代表取締役などを経て現職。これまでに技術開発・製品開発・新規事業開発・営業・マーケティングなどのさまざまな組織でリーダーシップポジションを歴任。BBT大学大学院、日本工業大学大学院などで教鞭をとり、組織変革に関する実践的な授業を受け持つ。著書に『“結果”の出ない組織はこう変えろ!』(朝日新聞出版)、『ザ・ファシリテーター』シ
リーズ、『ファシリテーター養成講座』『ファシリテーターの道具箱』など、監訳書に『プロフェッショナル・ファシリテーター』(以上、ダイヤモンド社)がある。雑誌などへの寄稿多数。

キャメル・ヤマモト  【著】
きゃめる・やまもと

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社執行役員、東京工業大学大学院特任教授。
東京大学法学部卒業、オックスフォード大学セント・アントニー・カレッジ シニアアソシエイト・メンバー、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修了(異文化経営修士)。
外務省、外資系コンサルティング企業2社を経て現職。日本企業の組織・人材のグローバル化のための「まだらメソッド」を開発し、その導入・普及に取り組んでいる。著書に『グローバルリーダー開発シナリオ』(共著、日本経済新聞出版社)、『グローバル人材マネジメント論』(東洋経済新報社)、『「世界標準」の仕事術』『「世界水準」の思考法』(以上、日本実業出版社)、『稼ぐ人、安い人、余る人』(幻冬舎)などがある。DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー・オンラインで、「まだら模様で考えるグローバル人材論」を連載中。