見える化

遠藤 功著
2005年10月7日 発売
定価 1,728円(税込)
ISBN:9784492532010 / サイズ:サイズ:四六判/ページ数:224

商品を購入する

概要

ベストセラー『現場力を鍛える』に続く第二弾。自社、他社、顧客、問題、ノウハウが見えれば、企業は強くなる。現場力の中核コンセプト「見える化」を豊富な事例のもとに体系化する。

目次

序 章 「見えない現場」と「見える現場」
第1章 「見える化」とは何か
  1 現場力と「見える化」
  2 「見える」メカニズム
第2章 「見える化」の体系と事例紹介
  1 「見える化」の体系
  2 「問題の見える化」の事例紹介
  3 「状況の見える化」の事例紹介
  4 「顧客の見える化」の事例紹介
  5 「知恵の見える化」の事例紹介
  6 「経営の見える化」の事例紹介
第3章 「よい見える化」を実現するために
  1 「よい見える化」とは何か
  2 自律的問題解決型組織をめざして

   
   第6回 日経BP・Bz Tech賞を受賞しました

著者プロフィール

遠藤 功
えんどう・いさお

早稲田大学ビジネススクール教授。株式会社ローランド・ベルガー会長。
早稲田大学商学部卒業。米国ボストンカレッジ経営学修士(MBA)。
三菱電機株式会社、米系戦略コンサルティング会社を経て、現職。

早稲田大学ビジネススクールでは、経営戦略論、オペレーション戦略論を担当し、現場力の実践的研究を行っている。また、欧州系最大の戦略コンサルティング・ファームであるローランド・ベルガーの日本法人会長として、経営コンサルティングにも従事。ローランド・ベルガードイツ本社の経営監査委員でもある。カラーズ・ビジネス・カレッジ学長。中国・長江商学院客員教授。

著書に、『現場力を鍛える』『見える化』『ねばちっこい経営』『プレミアム戦略』『現場力復権』(いずれも東洋経済新報社)、『MBAオペレーション戦略』(ダイヤモンド社)、『競争力の原点』(PHP研究所)、『未来のスケッチ』(あさ出版)、『課長力』(朝日新聞出版)、『「日本品質」で世界を制す!』(日本経済新聞出版社)、『「見える化」勉強法』(日本能率協会マネジメントセンター)など多数。