会社のコストを利益に変える リバースオークション戦略

谷口 健太郎著
2010年4月29日 発売
定価 1,728円(税込)
ISBN:9784492532683 / サイズ:サイズ:四六判/ページ数:216



競り買い、競り下げ入札! 
インターネットを利用した調達でコストを下げる!

ソフトバンクで1000億円の
コストを削減したその手法とは





長引く不況で企業は、コスト削減を断行し利潤を増やそうと努力している。ところがコスト削減で見落とされがちなのは、事務用品はじめとする間接材なのだ。



間接材は1点あたりの額が小さく、削減するには、総務担当者や購買担当者の手間と時間がかかりすぎてしまうからだ。



そこで有効なのが、Web上で業者選定から調達情報取得などを得て購入できるリバースオークション戦略である。リバースオークションとは、インターネット上で買い手(購買担当者)が示した条件のもと、複数の売り手(業者)が競い合って見積もりを提示し、最低価格で残った売り手が落札するというもの。



この方法を使うと、金額面でのコスト削減はもとより、

(1)購買担当者の時間と手間の削減、
(2)しがらみに縛られない価格決定が可能、
(3)調達情報やノウハウが企業に蓄積可能


という大きなメリットが得られる。ソフトバンクで1000億円のコストを削減したリバースオークション戦略の手法を実践的に紹介する。

商品を購入する

概要

コスト削減で見落としがちなのは、事務用品をはじめとする間接材。購買担当者が手間と時間をかけずに、Web上で業者選定から調達情報取得などを経て購入できる方法を公開。

目次


第1章 あなたの会社には埋蔵金が眠っている
第2章 埋蔵金をどうやって掘り出すか
第3章 ITを活用して埋蔵金を確実に掘り出す
第4章 ディーコープの購買支援サービス
    (買い手企業向け)の概要

 

著者プロフィール

谷口健太郎
たにぐち けんたろう

1961年、広島県生まれ。早稲田大学理工学部工業経営学科卒業、同大学理工学部大学院にて修士号取得。

1987年、日商岩井株式会社(現双日株式会社)入社。情報電子産業部、医用民生電子部を経てプロジェクトマネジャーとして国際プロジェクトに携わる。

2000年、日商岩井株式会社退社。同年、ソフトバンク・イーコマース株式会社(後にソフトバンク・イーシーホールディングス株式会社に商号変更を経て現ソフトバンクBB株式会社)入社、新規事業統括部長として多数のインターネット関連事業立ち上げを実施する。

2001年、ソフトバンク・イーシーホールディングス株式会社と森ビル株式会社出資の合弁会社であるシーエムネット株式会社代表取締役副社長に就任し、インターネット上での建築オープンマーケットプレース運営及び入札を事業として行う。

2003年、ディーコープ株式会社執行役員に就任し、2006年に同社代表取締役社長に就任。