なぜ特許世界一の日本が国際訴訟で苦戦するのか?

泉谷 渉著
2014年9月26日 発売
定価 1,728円(税込)
ISBN:9784492533529 / サイズ:サイズ:四六判/ページ数:232

訴訟大国アメリカの訴訟業界の実態が一読でわかる!



なぜ技術を誇る日本企業が海外の知財権訴訟で勝てないのか? 国際的な知財権訴訟で苦戦を続ける日本企業の訴訟支援体制の問題点を分析し、対策を解説する初の知財権対策本。日本の名だたるグローバル企業でさえ余り知られていない、訴訟大国アメリカの訴訟業界のしくみと実態も紹介。製造業関連の技術系幹部&法務担当者必読の本。

商品を購入する

概要

なぜ技術を誇る日本企業が海外の特許訴訟で勝てないのか?国際特許訴訟で次々敗退を続ける日本企業の原因を分析し、対策を解説する。

目次

序章 知的財産権を守らなくては、日本企業に発展はない!!

1章 知財防衛体制を整え、国際訴訟を勝ち抜く

2章 アメリカの法律になすすべもなく裁かれる日本企業

3章 米国独特の訴訟手続き「ディスカバリ」の重要性

4章 「だれにでも不正の可能性がある」がフォレンジックの基本哲学

5章 情報漏洩を巡る様々な戦いが始まっている

6章 「人間はいつも何かを隠している。しかし証拠は語る」

7章 今こそ専門のディスカバリベンダーが日本企業に必要だ

8章 将来を予測するテクノロジーの時代はすぐそこ

9章 「年率15%成長のディスカバリ分野での地位確立と、人工知能技術の応用を目指す」

終章 「暗黙知」という日本人の知恵を今こそ活かしたい

著者プロフィール

泉谷 渉  【著】
いずみや わたる

神奈川県横浜市出身。中央大学法学部政治学科卒業。1977年産業タイムズ社に入社、91年に半導体産業新聞を発刊、編集長に就任。現役最古参の半導体記者としてキャリア35年を誇る。日本電子デバイス産業協会副会長としても活躍。