本当に強い会社を作るための新常識

野村 宜功著
2014年5月30日 発売
定価 1,620円(税込)
ISBN:9784492557464 / サイズ:サイズ:四六判/ページ数:224



社長、その経営判断が会社を傾けます!



「社員の離職率が低いことはいいことだ」「職務分掌を明確にすると現場の生産性が上がる」・・・・・・。よく耳にするそれらの「経営の常識」は本当に正しいですか? 大企業経営に有効な経営セオリーではなく、またアカデミズムに寄りすぎた経営論でもなく、日本企業の99%を占める中小企業のための、強い(=長く生き残る)会社を作るための方法を解説する。

商品を購入する

概要

学者の理論でも大企業経営に有効なセオリーでもない、中小企業経営者のための「本当に強い(=長く生き残る)会社」のセオリー!

目次

第1章 経営&ビジネスの新常識
・・・その経営判断が会社を傾かせる

第2章 組織&人材の新常識
・・・小さくても強い組織の作り方

第3章 社長の役割&仕事の新常識
・・・経営トップが本当にやらなければいけないこと

第4章 マネジメント&リーダーシップの新常識
・・・こんな社長に社員達はついていく

著者プロフィール

野村宜功
のむら・たかのり

SQコンサルティング株式会社代表取締役
1962年愛知県生まれ。茨城県育ち。一橋大学法学部卒業後、中小企業金融公庫(現日本政策金融公庫)で支店勤務、通商産業省(現経済産業省)中小企業庁出向、ニューヨーク大学客員研究員、審査部勤務を経て退社。ミシガン大学ビジネススクール修了(MBA)。中堅アパレル企業の幹部を経て、経営戦略研究所でコンサルティングに従事。2009年SQコンサルティング株式会社設立。中小企業診断士。