• 東洋経済STORE
  • あの明治大学が、なぜ女子高生が選ぶNo.1大学になったのか?

あの明治大学が、なぜ女子高生が選ぶNo.1大学になったのか?

上阪 徹著
2017年11月17日 発売
定価 1,404円(税込)
ISBN:9784492557815 / サイズ:サイズ:四六判/ページ数:256

数々の経営者や企業を取材してきたブックライターの上阪徹氏が、

今回選んだターゲットは、明治大学。






受験生には当たり前の情報かもしれないが、バンカラのイメージが強い明治大学がいま、女子に人気の大学になっている。たしかに、御茶ノ水駅から神保町に向かって歩くと、オシャレな高層ビルが並び、おしゃれな女子大生の姿が目に付く。



・学生運動の立て看がない!

・オシャレな美男・美女が多い!

・米国のディズニー・ワールドに留学できる!

・図書館に学生が5000人!

・就職サポートが充実している!



創立136年の伝統的な組織、しかも大学という保守的な〝事業〟を営む組織が、なぜこれほどまでに変革できたのか。

「伝統だけではメシは食えない。ブランドイメージを変えるには、誰もいないポジションで1位を取り続ければいい」

他大学がベンチマークする驚愕の秘策を徹底取材し、変わらなければならないのに、変わることができない、日本企業の壁を打ち破るヒントを描く。

商品を購入する

概要

女子学生比率30%超、受験者数11万人超…。躍進する明治大学への徹底取材から、少子化時代の顧客獲得、企業改革のヒントを探る。

目次

第1章 女子だけではない。男子学生もモデル顔負け!
第2章 キャンパスから門も壁も取り払え!
第3章 大きな挑戦は上からの指示では果たせない
第4章 一流であると思ったとき、そこで進歩は止まる
第5章 学生も親も“出口”を見ている!
第6章 偏差値ではかれないポジションを狙え!
第7章 リーダーは少々、型破りなほうがいい

著者プロフィール

上阪 徹  【著】
うえさか とおる

1966年、兵庫県生まれ。1985年、兵庫県立豊岡高校卒業。1989年、早稲田大学商学部卒業。ワールド、リクルート・グループなどを経て、1994年よりフリーランスとして独立。経営、金融、ベンチャー、就職などをテーマに、雑誌や書籍、webメディアなどで幅広く執筆やインタビューを手がける。著書に、『10倍速く書ける 超スピード文章術』(ダイヤモンド社)、『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』(あさ出版)、『僕がグーグルで成長できた理由』(日本経済新聞出版社)、『職業、ブックライター。』(講談社)、『リブセンス』(日経BP社)など多数。