SDGs・ESGを導くCVO(チーフ・バリュー・オフィサー)

次世代CFOの要件

マーヴィン・キング著/ジル・アトキンス協力/KPMGジャパン 統合報告センター・オブ・エクセレンス訳
2019年5月31日 発売
定価 3,672円(税込)
ISBN:9784492602270 / サイズ:A5/上/232

コンパクトな原書であり、理念が中心となっている。それでは、日本企業にとって何が問題になりつつあるのか、世界の資本・投資の流れがどのように向かいつつあり、どのように対応すべきかがわからないので、原書の3つのPARTに対応して、日本の対応・課題・展望を加える。

現著者のメッセージは、以下の2段階で展開される。
① 21世紀は限られた資源(自然資本や社会資本も含めて)をいかに有効に活用し、また、同時に、ダメージを与えない、あるいは限りなく少なくするか、という点での取り組みが重要であること。逆説的に言えば、20世紀は、資源を保有し、使う権利があることがビジネスに貢献しており、転換が必要。それを具体的な目標として示したのが、国連による「SDGs(Sustainable Developmennt Goals:持続可能な開発目標」(2015年国連サミットで採択)として位置づけられる。MDGs(ミレニアム開発目標)と異なるのは、先進国も含むすべての国に適用されている点にある。
② 財務情報だけでは企業価値の2割弱しか説明できていない。残りの8割のインタンジブルが企業の市場価値を決定づける方向になりつつある。その流れのなかで、CFOにとどまるのではなく、非財務的な価値も含めて企業価値に関するエコシステムについて関わるCVO(Chief Value Officer)という位置づけが求められ、結果として、①につながる。今のままでは、開示による企業価値棄損もありうる。

試し読み

商品を購入する

概要

ESG・SDGs実現への道筋を示すために、企業が投資家に語るべきなのは「価値創造ストーリー」。そのための理念と方法を示す。

目次

第1部 企業、取締役の責務、コーポレートガバナンスの発展

第1章 企業の発展
第2章 所有者のいない「オーナーレス企業」の出現
第3章 取締役の責務の進化
第4章 ガバナンスの包括的アプローチと排他的アプローチ

第2部 企業報告の新しい時代の到来

第5章 財務報告から企業報告へ
第6章 サステナビリティ報告とIIRCの設立
第7章 企業における変革
第8章 統合的思考と統合報告書
第9章 企業報告の新時代

第3部 価値創造とチーフ・バリュー・オフィサー

第10章 価値創造
第11章 統合報告のメリット
第12章 価値創造(と地球の保全)に不可欠な会計士の重要な役割
第13章 チーフ・バリュー・オフィサー
第14章 会計士(と地球の保全)の研修を変革する

著者プロフィール

マーヴィン・キング  【著】
きんぐ、まーヴぃん

現著者のマービン・キングは、コーポレート・ガバナンス・コード、スチュワード・シップ・コードの先駆け・前身ともされる「キング・レポート」を提唱した、南アフリカの専門家。企業の統合報告書において、従来のアニュアルレポートに加えて、サステナビリティレポートの提出を提唱した。
国際統合報告書委員会(IIRC)議長、世界銀行にコーポレートガバナンスに関する民間諮問委員会のメンバー、国連ガバナンス監視委員会議長などを勤める。元南アフリカ最高裁判事、University of South Africa名誉教授。

ジル・アトキンス  【協力】
あときんす、じる

KPMGジャパン 統合報告センター・オブ・エクセレンス  【訳】
けーぴーえむじーじゃぱん とうごうほうこくせんたー・おぶ・えくせれんす