決算書100の基本

高辻 成彦著
2019年8月23日 発売
定価 1,620円(税込)
ISBN:9784492602294 / サイズ:四六変/並/248

決算書が読めれば、会社がもっとわかる!
経済ニュースが面白くなる!
就職先、取引先、株式投資先などの財務状況を知り、将来性を見通すことは、今やスタンダードなビジネススキルといえます。
本書は、「決算書はポイントを押さえて効率よく読むもの」という考え方のもと、財務三表の見方と財務分析の基礎を100項目にまとめ、コンパクトに解説しました。
実際の決算を「ケース」として取り上げ、実践的な読み方と分析の仕方も説明しています。
<「ケース」として掲載した企業>
日本電産、日本マクドナルドホールディングス、吉野家ホールディングス、ヤマトホールディングス、コマツ、川崎汽船、JR西日本、ファナック、タカタ、西尾レントオール、東洋エンジニアリング、武田薬品工業、ソフトバンクグループ、大塚家具、LINE、キヤノン、ユーザベース、ソニー、三菱ロジスネクスト、トラスコ中山、新明和工業

試し読み

商品を購入する

概要

財務三表の見方とやさしい財務分析を100項目で解説。会社の状況がひと目でわかるようになり、経済ニュースの理解も深まる。

目次

第1章 財務三表の基本を知ろう
第2章 損益計算書(P/L)は営業成績を表す
第3章 損益計算書(P/L)にある5つの利益を解読
第4章 貸借対照表(B/S)の左側は「おカネをどう使ったか」
第5章 貸借対照表(B/S)の右側は「おカネをどう調達したか」
第6章 キャッシュ・フロー計算書(C/F)でおカネの動きがわかる
第7章 財務分析のさまざまな方法
第8章 株式指標分析はPER、PBRが基本指標
第9章 決算情報や補足情報を収集する

著者プロフィール

高辻 成彦  【著】
たかつじ なるひこ

いちよし経済研究所(東証1部・いちよし証券の調査部門)シニアアナリスト。
立命館大学政策科学部卒業、早稲田大学ファイナンスMBA。
経済産業省在職時は、産業連関表の時系列表作成に参画。ナブテスコ(東証1部)の広報・IR担当としては、日本IR協議会によるIR優良企業特別賞の所属会社初受賞に貢献。ユーザベース(東証マザーズ)のシニアアナリストとしては、SPEEDAの業界レポート作成や、経済ニュースアプリ・NewsPicksのコメント活動で、8万人以上のフォロワーを得る。
現職では取材活動をもとに年間200本以上のアナリストレポートを発行し、企業分析・企業価値評価を行う。日経ヴェリタスのアナリストランキング、トムソン・ロイターのアナリスト・アワード・ジャパンの機械部門にランクイン。J-MONEYによるベストリサーチハウス・ランキングの機械部門の所属会社ランクインに貢献。
主なTV出演歴は、BSテレビ東京・日経モーニングプラス。講演歴は、日経メディアマーケティング、宣伝会議など。