決済インフラ入門【2025年版】

スマホ決済、デジタル通貨から銀行の新リテール戦略、次なる改革まで

宿輪 純一著
2021年7月16日 発売
定価 2,200円(税込)
ISBN:9784492681473 / サイズ:四六/並/292

スマホ決済、デジタル通貨、新型決済インフラ、企業通貨・電子マネー、新紙幣発行、決済リスク、ハッキング・サイバー攻撃、仮想通貨・ビットコイン、銀行新新リテール戦略、インテグリティ、ゆうちょネットワーク、フィンテック、ブロックチェーン、基軸通貨となるCO2 etc.

急激に進化・拡大する「決済」の全体像を理解するために最適な一冊。
最新動向と2025年までのロードマップを書き加えた待望の改訂、最新版!

試し読み

商品を購入する

概要

目まぐるしく変化する「決済」の世界を完全解説。最新動向から2025年までのロードマップを1冊で解説する。

目次

序 章 経済のデジタル化(DX)
第1章 新型決済インフラ
第2章 決済の基本
第3章 決済リスク
第4章 銀行
第5章 現金系決済
第6章 口座振替系決済
第7章 決済システム
第8章 海外系決済
第9章 証券系決済
第10章 近未来の決済インフラ

著者プロフィール

宿輪 純一  【著】
しゅくわ じゅんいち

博士(経済学)。帝京大学経済学部教授。公開講義「宿輪ゼミ」代表。1963年生まれ。麻布高校、慶應義塾大学経済学部卒業。87年富士銀行入行、98年に三和銀行に転職。06年合併で三菱東京UFJ銀行(企画部経済調査室等)。15年より現職。03年から兼務で東京大学大学院、早稲田大学、慶應義塾大学等で非常勤講師を務める。財務省、経済産業省、外務省、全国銀行協会等の委員会参加。主な著書に『通貨経済学入門(第2版)』『アジア金融システムの経済学』(以上、日本経済新聞社)、『決済インフラ入門【2020年版】』『円安vs.円高(新版)』(以上、東洋経済新報社)がある。