日本医療保険制度史(第3版)

吉原 健二著/和田 勝著
2020年1月17日 発売
定価 16,500円(税込)
ISBN:9784492701485 / サイズ:A5/上/1160

令和時代の日本の医療保険制度を展望するうえで、基本に立ち返り参照するための基本文献

日本の医療保険制度100年の歴史の全貌を、明治、大正の制度成立の前史、昭和の実施・再建・発展の歴史、平成の構造改革に至るまで、制度の創設・改正、時代背景、経済的・社会的諸事情のすべてを克明に描いた医療保険の関係者が必携して参照すべき基本となる文献です。

平成の時代が終わり新たな元号「令和」の時代を迎えた。昭和に入ってすぐに健康保険制度が実施されあと数年で100年となるが、この間、わが国の社会と経済が大きく変化する中、医療保険制度は国民の安心と安全を支える基盤として国民生活の安定に大きな役割を果たしてきた。
平成時代に入っても、医療保険制度に関し、介護保険制度の発足(平成12年)、社会保障と税の一体改革(平成24年)など様々な制度改正が重ねられている。
医療保険制度の持続可能性を確保するために、給付と負担の見直しと併せて、「健康寿命の延伸」や「医療・介護サービスの生産性の向上」等を含めた社会保障改革の全体像についての国民的な議論と改革は不可欠である。
本書がわが国の医療保険制度、医療サービス・医療費問題の歴史的、政策的な展開についての理解を深めていただき、今後の社会経済の変化に対応した医療保険制度の構築と運営を進めていくうえで役に立つことができれば幸いである。

試し読み

商品を購入する

概要

制度の成立前史を含めた100年の制度史の集大成。医療保険制度、医療サービス・医療費問題の歴史的政策的な展開と課題を展望する。

目次

主要目次
第Ⅰ部 明治、大正から昭和の終戦までの時代――制度の創設と拡充
     第1章~第7章
第Ⅱ部 終戦から高度成長の時代――制度の再建と発展
     第8章~第18章
第Ⅲ部 石油危機から昭和の終わりまでの時代――制度の調整と抑制
     第19章~第26章
第Ⅳ部 平成の時代――医療保険制度の構造改革
     第27章~第35章
第Ⅴ部 診療報酬とその改革をめぐる問題
     第36章~第44章
第Ⅵ部 課題と展望
     第45章
第Ⅶ部 医療保険制度史を理解するうえで知っておきたいトピックス
     第46章~第48章
日本医療保険制度史 略年表
参考資料
主な参考文献



著者プロフィール

吉原 健二  【著】
よしはら けんじ

昭和7年生まれ。東京大学法学部卒業後、昭和30年4月厚生省入省。
以降、
昭和58年8月 厚生省児童家庭局長
昭和59年6月 厚生省年金局長
昭和61年6月 社会保険庁長官
昭和63年6月 厚生事務次官
平成2年11月 厚生年金基金連合会理事長
平成11年2月 厚生年金事業振興団理事長、
人口問題審議会、社会保障制度審議会、年金審議会、児童福祉審議会、財政審議会、資金運用審議会等の委員を務め、現在、公益財団法人年金シニアプラン総合研究機構評議員、一般社団法人年金綜合研究所評議員、公益財団法人難病医学研究財団評議員。


和田 勝  【著】
わだ まさる

昭和20年生まれ。東京大学法学部卒業後、昭和44 年7月厚生省入省。
以降、
昭和56年4月 厚生大臣官房総務課長補佐(国会担当)、
昭和57年8月 保険局企画官等を経て、
平成元年6月 厚生省薬務局経済課長
平成4年6月 厚生省保険局企画課長
平成5年6月 厚生省大臣官房総務課長
平成6年9月 厚生省大臣官房審議官(医療保険、老人保健、介護問題担当)、高齢者介護対策本部事務局長。
平成8年12月 退官。
現在、福祉社会総合研究所代表、健康保険組合連合会参与、国際医療福祉大学大学院客員教授、順天堂大学大学院客員教授。