日本vs.アメリカvs.欧州 自動車世界戦争

EV・自動運転・IoT対応の行方

泉谷 渉著
2018年5月25日 発売
定価 1,620円(税込)
ISBN:9784492762431 / サイズ:四六/並/260

100年に一度の大変革が自動車産業に押し寄せている。
エコカー競争、自動運転、IoT対応……世界王者トヨタの行方は? 
車載ビジネスはなぜ日本が強いのか。克服すべき課題はないのか。
業界最古参のカリスマ記者の徹底した取材に基づく400兆円市場の最新動向。

~スマホから次世代自動車へ。ニッポン製造業の大逆襲が始まった~
●欧米中の「EV包囲網」を全方位戦略で跳ね返すトヨタの圧倒的な技術力
●ソニーはC-MOSイメージセンサーで半導体世界制覇を目指す
●パナソニックは車載向けリチウムイオン電池の世界シェア40%で首位を独走
●新日鐵住金、旭硝子、積水化学、日清紡…自動車素材は100年企業の独壇場
●浜松ホトニクス、デンソー…車載向けセンサーでも日本勢が圧勝
●日本電産、村田製作所、TDK、太陽誘電…電子部品はEV対応で一気成長へ
●ルネサスの車載向けシステムLSIはシェアNo.1で世界標準プラットフォームに

商品を購入する

概要

対日「EV包囲網」に恐れる必要はない。次世代自動車で日本が圧勝するシナリオを完全予測

目次

序章 IoT時代対応の次世代自動車は世界で一気成長の機運高まる!
第1章 なぜか語られないEV革命の不都合な真実
第2章 日本勢のハイブリッド技術に屈した世界の自動車メーカー
第3章 EVシフトでも日本勢の優位は揺るがない
第4章 次世代エコカーの本命・燃料電池車
第5章 自動走行運転をにらみ急拡大するADAS技術
第6章 次世代自動車で一気に復権する半導体産業
第7章 車載事業で世界制覇を目指すソニーとパナソニック
第8章 世界級企業が目白押しの日本の電子部品産業
終章 ニッポンのもの作り文化を代表する「トヨタスピリッツ」

著者プロフィール

泉谷・渉  【著】
いずみや わたる

株式会社産業タイムズ社 代表取締役社長
神奈川県横浜市出身。中央大学法学部政治学科卒業。1977年、産業タイムズ社に入社し、半導体担当の記者となる。91年に「半導体産業新聞」を発刊、編集長に就任。35年以上にわたって第一線を走ってきた最古参のカリスマ半導体記者である。日本電子デバイス産業協会(NEDIA)副会長も務める。主な著書に『これが半導体の全貌だ!』(かんき出版)、『ニッポンの素材力』『ニッポンの環境エネルギー力』『図解 シェールガス革命』『日・米・中 IoT最終戦争』(以上、東洋経済新報社)、『100年企業、だけど最先端、しかも世界一』(亜紀書房)などがある。