AIに負けない子どもを育てる

新井 紀子著
2019年9月6日 発売
定価 1,728円(税込)
ISBN:9784492762509 / サイズ:四六/並/332

AIに仕事を奪われない!
読解力アップの実践法

日本中で騒然の書『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』、待望の続編

AIが苦手とする読解力を人間が身につけるにはどうしたらいいのか?

読解力向上のために親、学校、個人ができることを提言
小学校・中学校で実際に行われて成果をあげている授業・取組みを公開!
大人が読解力を身につける方法も明らかにする

あなたは大丈夫? すぐにできる「体験版リーディングスキルテスト」収録

試し読み

商品を購入する

概要

AI時代を生き抜く読解力を身につけるには? ベストセラー『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』待望の続編。問題集付き!

目次

はじめに
第1章   AIの限界と「教科書が読めない子どもたち」
第2章   「読める」とはなんだろう
第3章  リーディングスキルテスト、体験!
第4章  リーディングスキルテストの構成
第5章  タイプ別分析
第6章  リーディングスキルテストでわかること
第7章  リーディングスキルは上げられるのか?
第8章  読解力を培う授業を提案する
第9章  意味がわかって読む子どもに育てるために
第10章 大人の読解力は上がらないのか?
おわりに

著者プロフィール

新井 紀子  【著】
あらい のりこ

一般社団法人「教育のための科学研究所」代表理事・所長。
東京都出身。一橋大学法学部およびイリノイ大学数学科卒業、イリノイ大学5年一貫制大学院を経て、東京工業大学より博士(理学)を取得。専門は数理論理学。
2011年より人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトディレクタを務める。2016年より読解力を診断する「リーディングスキルテスト」の研究開発を主導。
主著に『数学は言葉』(東京図書)、『コンピュータが仕事を奪う』(日本経済新聞出版社)、『ロボットは東大に入れるか』(新曜社)などがある。特に、2018年に出版した『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(東洋経済新報社)では、大川出版賞、石橋湛山賞、山本七平賞、日本エッセイスト・クラブ賞、ビジネス書大賞などを受賞した。