• 東洋経済STORE
  • ファーウェイの真実(下巻) 半導体と知的財産への飽くなき渇望

ファーウェイの真実(下巻) 半導体と知的財産への飽くなき渇望

週刊東洋経済eビジネス新書No.303

週刊東洋経済編集部編
2019年7月9日 発売
定価 324円(税込)
ISBN:9784492921043 / サイズ:e新書/並/64

日本最後のDRAMメーカー・エルピーダメモリ(現マイクロンメモリジャパン)の元社長・坂本幸雄氏が激白。ファーウェイは、メモリーまで手がけ半導体産業の基幹をのみ込もうとしているのか。
一方、米国ではファーウェイ子会社でSSDに関する調査や技術開発を手がけていたホアン氏は、ファーウェイとの間で知的財産の譲渡をめぐる訴訟で争っている。ここから見えるファーウェイの知的財産権への執念とは?

★ファーウェイへの禁輸措置を正確に見通した、東洋経済独自リポートを緊急出版!
★技術覇権を左右する半導体と知的財産、巨大企業の戦略は?すべてが分かる!

(この電子書籍は、2019年2月に配信開始した「東洋経済メーリングブック」全6回のうち、5・6章を再編集したものです)

商品を購入する

概要

★ファーウェイへの禁輸措置を正確に見通した、東洋経済独自リポートを緊急出版!★技術覇権を左右する半導体と知的財産、巨大企業の戦略は?すべてが分かる!

目次

【第5章】坂本幸雄 〔独占激白〕 ファーウェイが半導体をのみ込む日
 ファーウェイがメモリ半導体に重大関心
 経営幹部には何度も会った
 ファーウェイとの契約は立ち消えに
 中国は必ずメモリーを国産化する
 東芝半導体に食指を動かした中国企業
 貿易摩擦の間も開発だけは続ける
 半導体の壊滅で日本が失ったもの

【第6章】元従業員が暴露した「公序に反する」知財契約
 司法省との間だけじゃない裁判沙汰
 知的財産の譲渡を求める雇用契約
 知財の強さを知り抜いた企業
 ファーウェイには勝てる自信があった
 テキサス州で今、陪審裁判に臨む不利
 デル、マイクロソフト……背後には米ハイテク大手
 終わりに 日本人はファーウェイを知る必要がある

著者プロフィール

週刊東洋経済編集部  【編】
しゅうかんとうようけいざいへんしゅうぶ