一橋ビジネスレビュー

学界とビジネスの現場をつなぐ本格的経営誌。

2017年冬号 第65巻3号
2017年12月8日 発売
定価 2,200円(税込)
ISBN:9784492820780
伊藤レポート、スチュワードシップ・コード、コーポレートガバナンス・コードを契機に、日本企業のコーポレートガバナンス改革が進められている。とはいえ、ややもすると形式的な対応にとどまり、資本生産性を実質的に上げ、企業価値創造を持続的に高める取り組みに結びついていないケースも散見される。本特集では、コーポレートガバナンス改革で何が変わり、何が課題として残っているのかをさまざまな観点から検証し、今後の日本企業のグローバル競争力の向上に結びつけるためのカギを探る。ビジネス・ケースは、流山市役所の改革と、味の素の新規事業について。経営者インタビューは、花王の澤田道隆社長。

目次

[特集]コーポレートガバナンス――「形式」から「実質」へ変われるか
コーポレートガバナンス改革のPDCA(伊藤邦雄)
ガバナンスの実質化をめぐる諸論点(武井一浩)
日本のコーポレートガバナンス改革の進捗と今後の課題(スコット・キャロン/吉田憲一郎)
M&A戦略における規律(朱 殷卿)
日本におけるガバナンス改革の「実質的」影響をめぐる実証分析(伊藤邦雄/加賀谷哲之/鈴木智大/河内山拓磨)
日本型コーポレートガバナンス構造の再検討(花崎正晴)

[特別寄稿]
インダストリー4.0の崩壊とその先にあるもの(光山博敏/中沢孝夫)

[技術経営のリーダーたち]
第31回 新入社員のアイディアと情熱、行動力が突き動かした大企業発のイノベーション
(對馬哲平 ソニー株式会社 新規事業創出部 wena事業室統括課長)

[新連載]
日本発の国際標準化 戦いの現場から 第1回
大成プラス「ナノモールディング技術」(江藤 学/鷲田祐一)

[連載]
フィンテック革命とイノベーション 第2回
進化する電子決済技術(野間幹晴/藤田 勉)

[ビジネス・ケース]
味の素――コーポレート・アントレプレナーシップの実現(孫 康勇/内田大輔/高橋裕典)
流山市――人が出て行く街から入ってきて住み続ける街へ(木村 篤/酒巻 徹/治部れんげ)

[連載]
ビジネスモデルを創造する発想法 第6回
大きな「飛躍」をもたらす着実なサイクル(井上達彦)

[マネジメント・フォーラム]
 ガバナンスの仕組みを柔軟に進化させながら、花王らしさを追求する
澤田道隆(花王株式会社 代表取締役 社長執行役員)
〈インタビュアー〉 伊藤邦雄

[コラム]
クリエイティビティの経営学 第5回
クリエイティビティを育む職場風土は人によって異なるのか?(稲水伸行)

[投稿論文]
アーキテクチャ進化における製品開発マネジメント(榎波龍雄/田路則子)

[私のこの一冊]
日本企業の真の姿と正しい処方箋(山崎繭加)
平野正雄『経営の針路』

「研究するとは?」を考える素材(生稲史彦)
山下和美『天才柳沢教授の生活』