一橋ビジネスレビュー

学界とビジネスの現場をつなぐ本格的経営誌。

 
2019年9月13日 発売
定価 2,160円(税込)
ISBN:9784492820865
未来を知り、未来に備えることで、企業は経営戦略の角度を高めることができます。本特集は、未来洞察をさまざまな角度から紹介し、企業経営の現場との接点を探っていく試みです。

目次

[特集]未来洞察と経営:不確実性を味方につける手法
世界各国におけるフォーサイト(七丈直弘)
ホライゾン・スキャニング手法で作られたシナリオの的中度研究(八幡晃久/鷲田祐一)
未来洞察の長期経営ビジョン策定への応用(時吉康範/粟田恵吾)
グローバル企業の未来洞察活動の歴史考察と今後の展望(橘田尚明/粟田恵吾)
エンジニアリングデザインと未来洞察(齊藤滋規/田岡祐樹)
産総研デザインスクールと未来洞察からの学び(小島一浩/大場光太郎)
政策立案の新機軸としての「未来年表」活用(梶川文博/根本かおり/鷲田祐一)

[連載]
全員経営のブランドマネジメント(鈴木智子)

[ビジネス・ケース]
ネスレ日本:マスブランド「キットカット」のプレミアム化戦略
ママスクエア:子育てママを社会の主役に

[マネジメント・フォーラム]
20~30年後の未来課題を描き、
協創型アプローチと技術力でビジョンを実現させる
北川央樹/柴田吉隆(日立製作所 研究開発グループ 東京社会イノベーション協創センタ)