週刊東洋経済

情報量と分析力で定評のある総合経済誌。

制作にかける思い
2019年12月29日・1月5日合併号
2018年12月22日 発売
定価 794円(税込)
JAN:4910201310197
2019 大予測
混迷を深める世界と日本。政治、経済、金融、株式・マネーから、国際情勢、文化、スポーツ、読書まで、129のテーマで2019年と「ポスト平成」の時代の動きを大展望。特別付録として、『会社四季報業界地図 特別編集版』を別冊で収載、ビジネスや就活にも最適。

●Part1 変容を迫られるニッポン株式会社
大前研一、三品和広、江上剛がゴーン逮捕を総括
GAFA、IT、自動車、配車サービス、電機、半導体から注目ベンチャーまで産業を総ざらい
 
●Part2 広がる自国第一主義
米中新冷戦、米国政治、EU、中国、朝鮮半島、中東情勢を解説
 
●Part3 平成の終わり 安倍政権の行方
憲法改正、参院選、沖縄、災害、天皇、外国人労働者 
 
●Part4 株&マネー
マネーの逆回転始まる バブル崩壊も
金融政策、日本の株価、資産価格バブル
 
●Part5 スポーツ&カルチャー
ラグビー、スポーツ界のパワハラ、東京五輪、野球、テニス、映画
 
●Part6 ブックガイド
識者5人が薦める「2018年に出た25冊」

目次

【特集】
2019大予測
 
 平成の足跡/ポスト平成で起こる10の変化

PART1 国内産業
 変容を迫られるニッポン株式会社
 検証 ゴーンショック 外国人経営者が日本を見放す
 (4)GAFA~(71)テクノロジー失業
PART2 世界政治・経済
 広がる自国第一主義 経済はついに減速か
 (75)米中新冷戦~(84)中東の地政学リスク
PART3 国内政治・経済
 平成の終わりの年は安倍政権の正念場に
 (86)憲法改正~(98)キャッシュレス決済
PART4 株&マネー
 マネーは逆回転へ バブル崩壊の予兆
 (100)金融政策 米国/欧州/日本~(104)資産価格のバブル
 (105)相場軟調でも伸びる! 19年大化け期待の15銘柄
PART5 スポーツ&カルチャー
 ラグビーW杯開幕 五輪選考も本格化
 (107)ラグビー~(124)ノーベル賞
PART6 ブックガイド 2018年に出た「この5冊」
 (125)経済 吉崎達彦
 (126)歴史 出口治明
 (127)教養・ビジネス 塩野誠
 (128)サイエンス 鎌田浩毅
 (129)文学 斎藤美奈子

連載
|経済を見る眼|「英語を話せる日本人」の未来像/苅谷剛彦
|HotIssue|ユニコーン企業が日本で生まれない理由/ジェレミー・アシン
|少数異見|知られざるタブー続々 米国追随のままでいいのか
|マネー潮流|市場の見方は悲観的すぎる/佐々木融
|知の技法 出世の作法|ゴーン氏の再逮捕と東京拘置所生活・上/佐藤優
|歴史の論理|史観の復権こそ歴史学の急務/岡本隆司
|人が集まる街 逃げる街|渋谷区|問われるハード偏重の再開発/牧野知弘
|サラリーマン弾丸紀行|世界一乾燥した砂漠で満点の星を/橋賀秀紀
|平成経済の証言|ポスト平成の悲願は東京・日本橋の蘇生/岩沙弘道
|Readers & Editors|編集部から、読者の手紙

ニュース深掘り
ソフトバンクが独壇場 新規上場の熱気は続くか
東芝出資で短期に利益 投資ファンドの高笑い
日本郵政、アフラック出資の成算
ヤマト、進まぬ契約運転手採用


付録
業界地図 特別編集版

訂正情報

「週刊東洋経済12月29日-1月5日号(新春合併特大号)」(12月22日発売)に、以下の間違いがありました。
 訂正してお詫びいたします。
 
63ページ






付録「会社四季報業界地図 特別編集版」
10ページ
■出店より既存店底上げがカギに

【誤】ローソンも、452店の増加を見込む
 ↓
【正】ローソンも、800店の増加を見込む


■記事本文に別の記事本文が入ってしまいました。
正しい記事は以下のとおりです。

付録「会社四季報業界地図 特別編集版」の訂正についてはこちら