週刊東洋経済

情報量と分析力で定評のある総合経済誌。

制作にかける思い
2019年11月23日号
2019年11月18日 発売
定価 730円(税込)
JAN:4910201341191
【第1特集】NHKの正体
いま、NHKの周辺がざわついている。その象徴といえるのが、元NHK職員の立花孝志党首率いる「NHKから国民を守る党(N国党)」の躍進だ。同党は受信料に焦点を合わせ、「NHKをぶっ壊す!」と連呼して脚光を浴び、今年7月の参議院選挙では比例代表で90万票以上を獲得、1議席を確保した。
ガバナンス面の課題も浮上している。今年9月、かんぽ生命保険の不適切販売を取り上げた報道をめぐり、日本郵政が経営委員会に抗議し、NHKが続編の放送を見合わせたことが明らかになった。NHKの報道の独立性を揺るがす事実といえる。
受信料収入の拡大により膨張は続いている。この「巨大公共放送」は本当に必要なのか。徹底的に検証する。

【第2特集】ファストファッション新時代
「フォーエバー21」が経営破綻し、「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。

目次

第1特集
膨張する公共放送を総点検 NHKの正体

Part1 貪欲に収益拡大
あなたの家や会社は大丈夫? 押し寄せる受信料徴収
知らないと損する 受信契約にまつわる5つの疑問
「独立性」は守られているか 問われる受信料制度の意義
NHKが搭載をごり押し 物議を醸す受信料督促チップ
膨らむ制作費、金融資産… 受信料の使い道に疑問符

Part2 新領域への渇望
受信料収入の拡大に向けた布石 ネット同時配信の行方
「放送の中央集権と戦ってきた」 大分朝日放送社長 上野輝幸
技術開発では世界に先行 NHKが進める8K戦略

Part3 揺れる公共放送
元総務事務次官からの抗議で異例の対応 露呈する権力への弱さ
「経営委員会の誤りを正せるガバナンス体制を構築せよ」
 元NHK経営委員会委員長職務代行者 上村達男
平均年収1000万円超! 局員の給料・人事を大解剖
「報道現場に気概はある 壊しているのは上層部」
 大阪日日新聞編集局長(元NHK記者) 相澤冬樹
本当にNHKのお手本になる? BBCの意外な実態とこれから

第2特集
頂上決戦! ユニクロvs.ZARA ファストファッション新時代
『ユニクロ対ZARA 』の著者・齊藤孝浩氏に聞く 世界首位、ZARA 驚異の戦法
ユニクロとは一線画す ワークマン「真」の実力
知られざる異色の経営 "黒船"デカトロンの正体
百貨店名門アパレルの懊悩

スペシャルインタビュー
「東京都の職員に最強の武器を授ける」
東京都副知事 宮坂 学

深層リポート
大赤字のソフトバンクグループ それでも強気を貫く根拠
首位奪還に勢いづく伊藤忠 三菱商事の痛手と逆風
深夜休業のルールを明文化 セブン24時間営業の岐路


連載
|経済を見る眼|年齢の垣根を壊す時代がやってきた|柳川範之
|ニュースの核心|LNG導入は「日本発のエネルギー革新」だ|岡田広行
|『会社四季報』ルーキー登場|Chatwork
|トップに直撃|そーせいグループ会長兼社長 田村眞一
|フォーカス政治|長期政権の末期で噴き出す現場感覚なき政策の矛盾|牧原 出
|グローバル・アイ|弱国化を自ら選ぶ英国の不思議/若き環境活動家たちへ
|INSIDE USA|米国で波紋のベストセラー 右翼の新潮流、BAMとは?|会田弘継
|中国動態|アリペイがプリペイド導入 外国人も手軽に利用可能に|田中信彦
|マネー潮流|ECB新体制は波乱の幕開け|木内登英
|少数異見|日本のインバウンド政策に欠けているもの
|知の技法 出世の作法|焼失した首里城の再建が本土と沖縄にもたらすもの|佐藤 優
|経済学者が読み解く現代社会のリアル|円安で物価はいくら上がる? 輸入価格から分析|佐々木百合
|人が集まる街 逃げる街|印西市(千葉県) 独自に成長したニュータウン|牧野知弘
|マーケティング神話の崩壊|米国を席巻するDNVB|井上大輔
|必ず伝わる最強の話術|進行役の使命を果たすには|松本和也
|クラシック音楽最新事情|映画館で味わう香り立つ極上のオペラ|田中 泰
|話題の本|『2050年のメディア』著者 下山進氏に聞く ほか
|「英語雑談力」入門|be overwhelmed by~(~に圧倒される)|柴田真一
|経済クロスワード|アパレル・ファッション
|編集部から
|読者の手紙 次号予告