週刊東洋経済

情報量と分析力で定評のある総合経済誌。

制作にかける思い
2019年11月30日号
2019年11月25日 発売
定価 730円(税込)
JAN:4910201351190
【第1特集】本当に強い理系大学
今、中学校や高校では、「STEAM教育」という、科学、技術、工学、芸術、数学を横断的に学ばせる理系教育が広まりつつあります。学校現場ではプログラミングから実験までさまざまな授業が行われており、中には大学レベルの授業を行うところもあります。
そうした中で理工系大学・学部への志願者が増え続けています。しかし、学部・学科の種類は多く、研究内容も細分化され、驚くほど複雑。いったい、どんな学びや研究があるのか。「親目線」で徹底取材し、58ページの巨弾特集にまとめました。

【ひと烈風録】浅田 均 政策にめっぽう強い「維新の頭脳」
結党から9年、死屍累々の野党の中で勝ち残ってきた日本維新の会。政調会長を務める浅田氏は、政治の華やかな舞台とは無縁ながら、軍師として高く評価されています。その才能はどこで培われたのか。「とことん考える」に原点があるようです。

目次

第1特集
理・工・農・医のすべてがわかる 本当に強い理系大学

[図解]これが理系大のリアルだ
吉野 彰 ノーベル化学賞/旭化成名誉フェロー 「35歳の自分に向けて研究せよ」

Part1 研究力
トップ研究室に入る方法 進学先は研究室で選ぶ
研究分野別学部・学科 研究科一覧表
恐竜研究、におい・かおり学… そこでしか学べないユニーク学問
世界トップクラスの先端研究が目白押し 国立大の研究力を総点検
土地活用を積極化 東京大学に試される資産運用力
国際的に高い評価 沖縄科学技術大学院大の研究力
日本が強い領域は? 研究科目別世界大学ランキング
今後ノーベル賞受賞者は激減? 日本の研究力は危機的だ
「技術者ばかり育てても社会はよくならない」日本学術会議会長/京都大学総長 山極壽一

Part2 教育 
会津大、滋賀大、武蔵野大、東洋大 最先端の理数系教育
東京国際工科専門職大の期待度
「京都先端科学大から優秀な人材を生み出す」京都先端科学大学理事長/日本電産会長 永守重信
新設「工学部」が目指す教育
関西で設立相次ぐ 食・農学部が流行する背景
東京理科大、芝浦工大、東京電機大… 人気高まる都心の理工系大学
設備の充実度は群を抜く「ものつくり大」の実践教育
豊田工業大、福岡工業大、神奈川工科大 キラリと光る工業大学
IT×法の中央大、経済数理の成蹊大 文理融合進む総合大学
学部再編や学門名称変更も 「早慶」理工系学部の地位

Part3 受験&就職
政治問題化で英語民間試験が延期に 混迷する入試のリアル
変貌する「理系入試」の攻略法
理系学部・学科の見極め方
理系学生の1日の過ごし方

親を悩ます理系の学費の現実
大学院進学率ランキング
不適切入試で志望者数が減少 「医学部入試」どう変わる?
看護学部は"バブル"なのか
5業種の人事担当者が本音で語る こんな「理系人材」が欲しい
理系学生が抱える就活のジレンマ
実就職率ランキング&難易度

深層リポート 
ヤフー・LINEが統合 国内ガリバー飛躍の条件
労組が人員削減に「待った」 ヨーカ堂構造改革の多難


連載
|経済を見る眼|景気変動の二分法には問題がある|小峰隆夫
|ニュースの核心|認知症高齢者向け金融サービスの重要な役割|中村 稔
|『会社四季報』ルーキー登場|ギフティ
|トップに直撃|「食材宅配はやれることが無限にある」オイシックス・ラ・大地社長 髙島宏平
|フォーカス政治|目標喪失で立ち往生か 史上最長政権の危うい末路|塩田 潮
|グローバル・アイ|リブラより手ごわい中国の仮想通貨/中国とAIが歴史を巻き戻す
|INSIDE USA|環境規制対応で消費者は失望 米国で広がる「反トヨタ」運動|瀧口範子
|中国動態|5GとAIめぐり白熱する米中のネットワーク戦争|小原凡司
|マネー潮流|「予防的利下げ」後の市場動向|佐々木 融
|少数異見|政治という「成長産業」が深める国家の分断
|ゴルフざんまい|US PGAツアー 初の日本共催試合|青木 功
|ひと烈風録|政策にはめっぽう強い「維新の頭脳」の実像 参議院議員/日本維新の会政調会長 浅田 均|塩田 潮
|知の技法 出世の作法|大学入試制度を政争の具にする野党|佐藤 優
|経済学者が読み解く現代社会のリアル|平成の大合併から15年 地方財政の行方は?|広田啓朗
|人が集まる街 逃げる街|和歌山市(和歌山県) 城下町に外国人観光客が増加中|牧野知弘
|マーケティング神話の崩壊|定量データ万能、だからこそ|井上大輔
|必ず伝わる最強の話術|落ち着いて質疑応答するには|松本和也
|クラシック音楽最新事情|木枯らしの季節にチャイコフスキーを|田中 泰
|話題の本|『いのちは輝く』著者 松永正訓氏に聞く ほか
|「英語雑談力」入門|raise eyebrows(〈人々を〉驚かす、不安を与える)|柴田真一
|経済クロスワード|大学と研究
|編集部から
|読者の手紙 次号予告

訂正情報

「週刊東洋経済2019年11月30日号」(11月25日発売)に、以下の間違いがありました。訂正してお詫び致します。
 
66ページ
 
■人気高まる都心の理工系大

(東京都市大の学部名)
【誤】環境情報学部
 ↓
【正】環境学部、メディア情報学部

(アジア・オセアニア地域5大学の連合について)
【誤】芝浦工大を加えた
 ↓
【正】東京都市大を加えた