週刊東洋経済

情報量と分析力で定評のある総合経済誌。

担当記者より
2020年9月19日号
2020年9月14日 発売
定価 730円(税込)
JAN:4910201330904

【特集】アメリカの新常識


コロナ対応をめぐって失点を重ねたトランプ大統領。アメリカ社会の人種間の分断が深刻になっており、各種世論調査を見ても再選は危うい状況です。選挙分析のプロで過去の選挙の勝者をことごとく言い当ててきたアメリカン大学のアラン・リットマン教授は「バイデンが必ず勝つ」と断言。全米で話題になっています。
 
「バイデン勝利」となれば、またもや米国は大きく変わります。本特集では、政権交代によって起こる政治・外交・経済・産業の激変を深掘り。日本への影響、新たに誕生する菅政権が直面するであろう課題についても先読みします。

担当記者より

特集「アメリカの新常識」を担当した東洋経済解説部の中村稔です。バイデンが勝つか、トランプが持ちこたえるか――。「大統領選のノストラダムス」と呼ばれる米大学教授の最新予測によれば「バイデン勝利」。独自の指標を用いて選挙分析を行っている彼は、もちろん2016年のトランプ当選も見事に言い当てました。確かに、ほとんどの現地メディアはバイデン優勢を伝え、現時点での支持率もバイデンが7pほどリード。このままいけばバイデンの当選が現実路線かもしれません。 

が、実は前回の選挙でも2カ月前までの支持率はクリントンが7pリード。それでも逆転トランプの勝利となったのですから、結果は開けてみないとわかりません。有識者は、10月にトランプ氏が形勢逆転を狙って勝負に出る「オクトーバーサプライズ」の可能性を示唆しています。9月末から3回にわたって行われるTV討論会にも注目です。ここでのイメージが浮動層の動向を大きく左右します。候補者同士が直接激しいバトルを繰り広げるこの討論会に77歳のバイデン氏は耐えられるでしょうか。

郵便投票の急増で混乱が生じ、決着が長引く可能性も指摘されていますが、決着がついたとしても、互いがおとなしく引き下がることはなさそうです。保守とリベラルの対立はさらに先鋭化し、混乱は続くことでしょう。この歴史的選挙は、米国社会に訪れつつある中長期的な変化の始まりともいえます。特集タイトルの「新常識」にはそんな意味を込めました。

コロナ禍の中、私自身が現地に赴いて取材をすることはかないませんでしたが、むしろあらゆることがオンライン化されたために、日本にいながらにして膨大な情報に触れることができました。激しい中傷合戦に辟易しながらも、東洋経済記者の取材力を結集させて挑んだ今回の特集。この1冊で米国について一層の理解を深めていただけることでしょう。

担当記者:中村 稔(なかむら みのる)
1962年山口県生まれ。一橋大学経済学部卒。証券専門紙記者(89~91年NY特派員)を経て93年東洋経済新報社入社。『週刊東洋経済』編集部で通算十数年にわたり金融関連などの特集を担当。機械、銀行・証券、航空、電子部品、エネルギー、鉄鋼、建機、水産などの業界担当も経て2018年から現職。主に国際的な経済・金融情勢について執筆。  

>>週刊東洋経済編集部の制作にかける思い

目次

特集
アメリカの新常識

新常態のアメリカを知る4つのテーマ

PART1 異例ずくめの大統領選挙
負けて居座る大混乱も 怪物トランプの瀬戸際
女性初の副大統領誕生か 新星ハリス候補の強みと弱み
「日米同盟のあり方を 見直す重要な機会に」 ●日本総合研究所会長 寺島実郎
アメリカ国民は何を思う? コロナで変わった政治観
「13指標で分析すると バイデンが必ず勝つ」 ●米アメリカン大学教授 アラン・リットマン
今さら聞けない大統領選Q&A

PART2 混迷する外交
米国が仕掛ける「新冷戦」の落とし穴 「意図せぬ熱戦」のリスク
極端な対中強硬路線は続かない ●米ジョンズ・ホプキンス大学教授 ケント・カルダー
[佐藤 優が解説] 中東、中国...変わる外交のリアリズム 米国外交と地政学
北朝鮮、中国との関係に縛られる韓国 長びく米韓のすれ違い
米中どちらと共に歩む? 日本は「踏み絵」を迫られる

PART3  米国経済のニューノーマル
低成長、低インフレ、低金利 「日本化」進む米国経済
まだ譲らないが長期低落傾向 基軸通貨ドルの地位は安泰か
民主党政権なら規制強化も GAFA「解体論」の行方
IT、自動車、食糧... アメリカ 産業競争力診断
リスクマネー供給力も競争力の源泉 市場はワクチン開発企業に大きな期待

PART4  分断社会の行方 
トランプ政治は「最後のあがき」か 「左」へ旋回する米国社会
「ここから出て行け、国に帰れ」 吹き荒れるアジア人差別
「白人男性中心の社会を 変えていく必要がある」 ●バックステージ・キャピタル創業者 アーラン・ハミルトン
なぜ「国民皆保険」は難しい? 米国の医療格差の真実
映画・ドキュメンタリーで学ぶ アメリカがわかる!74本

ニュース最前線
ホンダとGMが提携拡大 露呈した自前主義の限界
あのバフェット氏が食指 5大総合商社の投資価値
キオクシアが株式公開 2兆円上場に潜む「死角」


連載
|経済を見る眼|オンラインの学びを止めるな!|柳川範之
|ニュースの核心|新首相に望む朝鮮半島外交の抜本的変革|福田恵介
|トップに直撃|中部電力 社長 林 欣吾
|フォーカス政治|菅・枝野両氏の知られざる熱い関係|千田景明
|グローバル・アイ|コロナ不況は世界的現象 日本モデルなど通用しない|リチャード・カッツ
|INSIDE USA|デジタル後進国の日本 米国とは互恵関係を結べる|ジェームズ・ショフ
|中国動態|準戦時体制に移る中国経済|益尾知佐子
|財新|「44万円EV」が農村市場で快走台湾企業の工場売却とアップルの思惑
|マネー潮流|巨額のコロナ予算「使い残し」の意味|森田長太郎
|少数異見|保健所と政府の不思議な関係
|知の技法 出世の作法|安倍首相の辞任で 日ロ関係はどう変わるか|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|子どもの頃の後回しグセが 「働き方」に影響の可能性|黒川博文
|人が集まる街 逃げる街|埼玉県 所沢市|牧野知弘
|クラシック音楽最新事情|ヤマハのAIが学習した 「グールドの演奏」の可能性|田中 泰
|話題の本|『感染症社会』の著者 美馬達哉に聞く ほか
|経済クロスワード|米国大統領選挙
|「英語雑談力」入門|mandatory|柴田真一
|編集部から|
|読者の手紙 次号予告|