週刊東洋経済

情報量と分析力で定評のある総合経済誌。

担当記者より
2021年7月10日号
2021年7月5日 発売
定価 730円(税込)
JAN:4910201320714

【特集】ガバナンス地獄 最後の審判


東京証券取引所は6月にコーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)の改訂版を施行しました。2022年に東証1部に代わる存在として生まれる「プライム市場」に上場する会社には、取締役に占める社外取締役の比率を3分の1以上にするなど厳しい条件が課されます。

本特集では「プライム落ち」の可能性が高い企業を独自予想。ガバナンス強化に対応できなければ株価に大きく響く可能性もあり、地獄が待っています。企業の必死の取り組みを追いました。

担当記者より

特集「ガバナンス地獄」を担当した山田雄一郎です。電機業界担当でもないのに、東芝の総会取材に行ってきました。経産省と一体となって海外投資家に圧力をかけた「圧力問題」に質問が集中するのでは、と期待したからです。

ところが質問に立った株主は職場の悲惨な現実を次々と綱川智社長に訴えていました。直訴したのは皆、社員株主です。

「早期退職の募集に応じなかった社員は『業務センター』という追い出し部屋に押し込められます。業務センターから巨大倉庫に派遣され、輸入化粧品の仕分けやラベルの貼り替えをさせられています」

「『解雇無効』の最高裁判決が出て、復職できることになりましたが『あなたは健康診断を受けていないから』と門の中に入れてもらえません。復職を妨害しないでほしい」

「イノベーション活動で表彰されたのに技術職を奪われました。その後に退職強要が始まり、反省文の書き直しを命じられる毎日。最終的には解雇されました。解雇の撤回をお願いします」

綱川社長に指名された労務担当役員の回答はそれぞれ次のようなものでした。

「業務センターは6月末に廃止。職場に配属し直します。誠心誠意、対応していきます」

「厚労省のガイドラインに基づいた対応をしています」

「『解雇は有効』と高裁で認められ、最高裁で昨年6月に上告が棄却されています」

株主への圧力問題を受けて、取締役会議長の永山治氏は総会で事実上解任されました。自業自得の面は否めません。東芝のコーポレート・ガバナンスはガタガタです。でもそれ以上に社員の心の荒廃が心配です。相次ぐ事業撤退、早期退職募集の影響は甚大なようです。

東芝のように、ガバナンスが機能していないと株主も社員も地獄を見ることになるようです。

一方でガバナンスの強化は決して容易ではありません。経営者にとってそれは地獄の苦しみかもしれません。特集は主にこっちの地獄のことを書いています。ぜひお手にとってお読みいただけたらと思います。

担当記者:山田 雄一郎(やまだ ゆういちろう)
東洋経済記者。1994年慶応大学大学院商学研究科(計量経済学分野)修了、同年入社。1996年から記者。自動車部品・トラック、証券、消費者金融・リース、オフィス家具・建材、地銀、電子制御・電線、パチンコ・パチスロ、重電・総合電機、陸運・海運、石油元売り、化学繊維、通信、SI、造船・重工を担当。『月刊金融ビジネス』『会社四季報』『週刊東洋経済』の各編集部を経験。業界担当とは別にインサイダー事件、日本将棋連盟の不祥事、引越社の不当労働行為、医学部受験不正、検察庁、ゴーンショックを取材・執筆。『週刊東洋経済』編集部では「郵政民営化」「徹底解明ライブドア」「徹底解剖村上ファンド」「シェールガス革命」「サプリメント」「鬱」「認知症」「MBO」「ローランド」「減損の謎、IFRSの不可思議」「日本郵政株上場」「東芝危機」「村上、再び。」「村上強制調査」「ニケシュ電撃辞任」「保険に騙されるな」「保険の罠」の特集を企画・執筆。『トリックスター 村上ファンド4444億円の闇』は同期である山田雄大記者との共著。

>>週刊東洋経済編集部の制作にかける思い

目次

特集
ガバナンス地獄 最後の審判

Part1 時間切れ間近!
タイムリミットまであとわずか 東証1部脱落の恐怖
[図解]厳格化が進む! ガバナンス改革大解説
TOPIX改革/コーポレートガバナンス・コード改革/東京証券取引所改革
誌面でバトル 改革賛否大論争
[賛成派]
一橋大学 CFO教育研究センター長 伊藤邦雄
京都大学 大学院経営管理研究部 特任教授 川北英隆
[懐疑派]
早稲田大学 名誉教授 上村達男
青山学院大学 名誉教授 八田進二

Part2 プライム市場に残れるか
崖っぷち企業が必死のチャレンジ 残留懸けた飽くなき戦い
流通株の少なさがネックに プライム落ち企業はここだ
・流通株式比率が30%未満の企業ランキング
・流通時価総額が小さい企業ランキング
・時価総額が小さい企業ランキング
目指せプライム! "昇格" 銘柄ランキング
決算説明会で言い訳まで ゆうちょ銀行の深い悩み

Part3 社外取争奪戦の幕開け
日本型企業の代表格が転換 「東レ」ガバナンス改革の内幕
「企業の自主性に任せるべき 」 東レ社長 日覺昭廣
3000人近くが不足! 過熱する社外取の奪い合い
北畑元事務次官が4社で最多 経産出身「兼任ランキング」
年間6000万円超えも 社外役員"厚遇"のリアル
株の持ち合いにとって替わる 「社外取持ち合い」という秘策
サステナビリティ対応に戸惑う声 てんやわんやの中堅企業
東芝、日本郵政、関電… 機能しない社外取の共通項は 不祥事企業をむしばむ悪弊
出席率ゼロが3人も! 「サボり役員」ランキング
出席率ワーストランキング  社外取締役/社内取締役/社外監査役
創業家がもたらすガバナンス不全 東証1部企業の"お粗末"
改革断行で株価が急上昇! 社外取で成長を果たす方法

財新 特別リポート
ファーウェイ「EV参入」が呼ぶ波紋

ニュース最前線
コンテナ運賃急騰が追風 海運大手が異例の好業績
「ウィンドウズ11」が挑むグーグルとの真っ向勝負
経営スリム化のライザップ それでも険しい再建への道


連載
|経済を見る眼|官僚の人材確保のためにすべきこと|柳川範之
|ニュースの核心|AI規制を西側と中国の歩み寄りに活用せよ|野村明弘
|発見!成長企業|coly
|会社四季報 注目決算|今号の4社
|トップに直撃|帝国ホテル 社長 定保英弥
|フォーカス政治|総選挙で政権維持狙う菅氏の「魔球」|歳川隆雄
|中国動態|乱気流の中のAIスタートアップ|伊藤亜聖
|財新 Opinion&News|中国で「職業教育」の改革が待ったなし
|グローバル・アイ|イランの選挙に意味なし 陰の帝王こそ真の支配者|アッバス・ミラニ
|INSIDE USA|外向き派vs.内向き派 経済安保で増す政治の綱引き|ジェームズ・ショフ
|FROM The New York Times|監視に解雇に使い捨て… アマゾン、労務管理の深い闇
|マネー潮流|6月米債市場「異例の事態」の意味|森田長太郎
|少数異見|日銀にもトイレの設置が必要だ
|知の技法 出世の作法|G7で強まった中国脅威論と ロシアとの緊張緩和|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|「障害の社会モデル」普及で障害者への対応が変わる?|伊芸研吾
|話題の本|『牧師、閉鎖病棟に入る。』著者 沼田和也氏に聞く ほか
|経済クロスワード|コーポレートガバナンス・コード改革
|人が集まる街 逃げる街|東京都大田区 田園調布|牧野知弘
|編集部から|
|先週号の読まれた記事 次号予告|