週刊東洋経済

情報量と分析力で定評のある総合経済誌。

担当記者より
2021年9月4日号
2021年8月30日 発売
定価 780円(税込)
JAN:4910201310913

【特集】すごいベンチャー100


国内ベンチャー企業の資金調達額は6カ月で3000億円を超え、再び過去最高水準となっています。起業も相次いでおり、コロナ禍にもかかわらず、ベンチャービジネスが盛り上がっている状況です。本特集では、独自のビジネスでユニコーンを目指すベンチャー企業100社を厳選しました。全社総力取材で、ビジネスモデルから、起業の経緯、今後の展開までを紹介していきます。起業家だけでなく、大企業の新規事業担当者にとっても必読の、恒例特集です。この中から大化けする金の卵を探してみてください。

担当記者より

特集「すごいベンチャー100」を担当した中川雅博です。この特集も毎年恒例となり、日々たくさんのベンチャー企業から「取り上げてください」「今年はいつ特集を組むのですか」とご連絡をいただくようになりました。ただ、あいにくそのすべてを掲載するわけにはいきません。

各業界担当記者が厳しい目でふるいにかけ、ベンチャーキャピタルや投資家の方々にも話を伺い、その事業内容や潜在的な成長性をきちんと見極め、掲載企業はすべて取材をします。こうして作った「100社リスト」は、今年も東洋経済選りすぐりのベンチャー企業が名を連ねています。

いま再び、国内ベンチャー企業の資金調達額が過去最大水準に達し、市場は大いに沸いています。そんな中、過去のベンチャー特集で取り上げた企業が大規模な調達をしたというニュースが、たびたび耳に入ってくるようになりました。私たちの目に狂いはなかったと一安心すると同時に、取材当時に聞いた将来のビジョンが着実に実現されていくさまを目の当たりにし、日本経済の中でベンチャーの存在感がじわじわと高まっていることを実感します。

私にとっては、2年前に取り上げた教育テックベンチャー「アタマプラス」が象徴的です。7月に、教育テック業界では異例ともいえる50億円もの資金調達を発表。創業から4年の会社が今や塾・予備校業界のDXを一手に担う存在にまでなっています。

取材した当時は、プロダクトは形になっていたけれど、予備校への導入が始まったばかり。それでも彼らは大きなビジョンを描いていました。全国の塾や予備校に広まれば、教育の現場は劇的に変わるかもしれないと感じていましたが、まさに今、目まぐるしい変化が起こっているのです。

小さな会社が生んだイノベーションの賜物が、名だたる大企業にも認められ、全国にものすごい勢いで広がる中で、回るお金もどんどん膨らんでいく。そのスピードに日々驚くばかりです。こうして社会が変わっていくのだと勇気づけられます。

担当記者:中川 雅博(なかがわ まさひろ)
神奈川県生まれ。東京外国語大学外国語学部英語専攻卒。在学中に米国・カリフォルニア大学サンディエゴ校に留学。2012年東洋経済新報社入社。現在の担当領域はIT・ネット、広告、スタートアップ。グーグルやマイクロソフトなどアメリカ企業も取材。これまでの担当業界は、航空や自動車、ロボット、工作機械など。長めの休暇が取れるたびに、友人が住む海外の国を旅するのが趣味。宇多田ヒカルの音楽をこよなく愛する。

>>週刊東洋経済編集部の制作にかける思い

おトクな定期購読
【今なら46%オフ】秋の大感謝祭実施中|もれなく話題の電子書籍閲覧権プレゼント

商品を購入する

目次

特集
すごいベンチャー100

ベンチャー資金調達の大型化が止まらない
[2021年1~6月の資金調達額上位20社] 100億円以上を調達するベンチャーが続出
[企業評価額上位20社] 国内のユニコーン企業が10社を超えた
[ベンチャーの資金調達シリーズ] ベンチャーは成長段階によって分類される
[日米上場ベンチャーの時価総額比較] 高時価総額の企業数に差

市場が待望するベンチャー 「大型上場予備軍」の沸騰度
SmartHR/atama plus/アンドパッド/Wovn Technologies/Heartseed

注目のベンチャー100社 データインデックス
▼これが2021年すごいベンチャー100社だ▼


連続起業家
令和トラベル/スマートバンク/ファミトラ/ LABOT

女性起業家・フェムテック
vivola/メロディ・インターナショナル/
Vitalogue Health/SHE/Be-A Japan/BLAST

大学発
Connect/グリラス/京都フュージョニアリング/
KOALA Tech/アルガルバイオ/MabGenesis/キュライオ

コンピューティング
Acompany/エー・スター・クォンタム/ 
エーアイセキュリティラボ/NonEntropy Japan

メディア・エンタメ
オープンエイト/note/コミューン/FLUX/
Game Server Services/Plott/MyDearest

営業
Magic Moment/HiCustomer/
マツリカ/オンリーストーリー

業務管理・効率化
カミナシ/Photosynth/Resilire/ELYZA

コミュニケーション
tonari/oVice/パラレル/
Spir/Stock/ストックマーク

>>大企業の一方的な取引・契約に公取委がメス ベンチャーが被る「不利益商慣行」

フィンテック
日本クラウドキャピタル/400F/ 
Crezit/STOCK POINT/
sustenキャピタル・マネジメント/Lecto

>>総合商社やコンサルなどからの転職希望増える 優秀人材が集まりだした背景

[ベンチャーキャピタルトップが語る] 日本は「ベンチャー大国」になれるのか
Z Venture Capital 社長 堀 新一郎
タイボーン・キャピタル・マネジメント 日本株投資責任者 持田昌幸
DCMベンチャーズ 日本代表 本多央輔

物流
Telexistence/ロジレス/
souco/ロジクラ/STANDAGE

EC・小売り
カウシェ/Gracia/TENTIAL/subsclife/
SUPER STUDIO/shizai/CRISP/ROMS/
dinii/クイックゲット/スマートショッピング/homula

美容
High Link/サロウィン

食品・農業
DAIZ/エシカル・スピリッツ/
クラダシ / アグリメディア/サグリ

インフラ・不動産
センシンロボティクス/スキャン・エックス/
Polyuse/フォトラクション/estie/NOW ROOM

モビリティ
Seibii/ASF/
Zip Infrastructure/ファンファーレ

医療
OPExPARK/ビードットメディカル/
カルディオインテリジェンス/Biodata Bank/
NOVENINE/Olive Union/ファストドクター/
kanata/TXP Medical/Rehab for JAPAN

>>国内最大手VCが説く 投資家との付き合い方 起業家とVCの正しい関係

人材
Beatrust/MyRefer/ワークサイド/wellday

教育
モノグサ/I’mbesideyou/ Go Visions/エンペイ

ニュース最前線
楽天、自前配送を突如終了 怒る運送会社が訴訟検討
ミャンマーで揺れるキリン 国軍系企業と決別できず
テスラが利益1000億円 上り調子と裏腹のリスク


連載  
|経済を見る眼|「コロナ共生」、英国と日本の実験|苅谷剛彦
|ニュースの核心|開業医がコロナ治療に携わるべきだ|大崎明子
|発見!成長企業|セレンディップ・HD
|会社四季報 注目決算|今号の4社
|トップに直撃|神戸物産 社長 沼田博和
|フォーカス政治|コロナの「災厄後」に何を目指すか|牧原 出
|中国動態|タリバン政権を支える中国外交|益尾知佐子
|財新 Opinion&News|気候変動は中国にとって国際協調のチャンス
|グローバル・アイ|米軍のアフガニスタン撤退 バイデン氏の決断は正しい|チャールズ・ カプチャン
|Inside USA|FBが挑む次世代ビジネス 転換へのカギは「メタバース」|山本康正
|FROM The New York Times|アフガン撤退の傷痕と代償 「サイゴン陥落」の再来か
|マネー潮流|150年の歴史から見たドル円相場|佐々木 融
|少数異見|五輪中の亡命事件が示す世界の実像
|知の技法 出世の作法|タリバン政権で懸念される テロ輸出をどう抑えるか|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|児童手当は教育投資や 学力向上につながるか?|佐野晋平
|話題の本|『新たな医療危機を超えて』著者 真野俊樹氏に聞く ほか
|PICK UP 東洋経済ONLINE[新連載]
|経済クロスワード(前号解説)|
|人が集まる街 逃げる街[最終回]|徳島県 徳島市|牧野知弘
|ゴルフざんまい|オリンピックで稲見萌寧選手が銀|小林浩美
|編集部から|
|先週号の読まれた記事 次号予告|

訂正情報

「週刊東洋経済2021年9月4日号」(8月30日発売)に、以下の間違いがありました。訂正してお詫び致します。
 
38ページ ■ベンチャー資金調達の大型化が止まらない

【誤】調査会社INITIALによれば、
 ↓
【正】スタートアップ情報プラットフォーム「INITIAL」によれば、
41ページ ■ベンチャー資金調達の大型化が止まらない

【誤】時価総額が5000億円以上になったのは、ナスダックで56社、日本ではメルカリとフリーの2社だけ
 ↓
【正】時価総額が5000億円以上になったのは、ナスダックで56社、日本ではメルカリとぺプチドリームの2社だけ
45ページ ■これが2021年すごいベンチャー100社だ

BLASTの所在地
【誤】東京都目黒区祐天寺
 ↓
【正】東京都渋谷区代々木
61ページ ■Plott(プロット)の資本金(資本準備金含む)

【誤】2億2439万円
 ↓
【正】4億4908万円
100ページ ■MyRefer(マイリファー)の記事

【誤】18年にグローバル・ブレインや博報堂DYベンチャーズなどの支援でMBO(マネジメントバイアウト)して独立した。
 ↓
【正】18年にストライブなどの支援でMBO(マネジメントバイアウト)して独立した。