週刊東洋経済

情報量と分析力で定評のある総合経済誌。

担当記者より
2021年9月11日号
2021年9月6日 発売
定価 730円(税込)
JAN:4910201320912

【特集】まだ間に合う 米国株超入門


バブル期につけた最高値を超えられない日本株を尻目に、米国株は続々と最高値を更新中です。NYダウはこの30年で13.5倍になりました。ネット証券で手軽に買えるようになった米国株投資の始め方、儲け方、そしてリスクを基本のキから徹底解説します。

iDeCoやNISAを活用した積み立て投資から『米国会社四季報』より厳選した有望銘柄、さらに連続増配年数など6つの基準によるランキングまで詰め込んだ、米国株入門の決定版です。

担当記者より

特集「米国株 超入門」を担当した林哲矢です。米国株投資の人気が高まる中、日本人には2つのタイプがあるようです。1つは最近始めた初心者、そして20年近くにわたって続けている上級者です。中級者がいないのは、日本で米国株が気軽に買えるようになったのがごく最近のことだからかもしれません。

上級者に聞くところによれば、かつて日本国内で米国株を購入するにはそれはもう大変な手間がかかったとのこと。日本の証券会社に頼んでアメリカの支店を通じてようやく買えたという話もあるほどです。それを考えると、ネット証券各社がこぞって取り扱い、手数料も横並びで低く抑えられている今は、敷居がぐんと下がったといえます。

100株単位からしか買えない日本株に対し、米国株は1株から買えるので、軍資金が少なくて済むというのも始めやすい理由です。リスク分散できるETF(上場投資信託)も2000以上もあります。そして何より、日本株よりも圧倒的なパフォーマンスのよさが米国株投資の魅力でしょう。

東洋経済では年2回『米国会社四季報』を刊行していますが、実は『週刊東洋経済』で米国株の特集を組むのはほぼ初めてです。業績予想を基にしたランキングも豊富に盛り込み、初心者から上級者まで、役に立つ内容を詰め込みました。

担当記者:林 哲矢(はやし てつや)
日本経済新聞の記者を経て、ハーバード大学(ケネディスクール)で修士号。2018年から『週刊東洋経済』編集部記者。

>>週刊東洋経済編集部の制作にかける思い

おトクな定期購読
【今なら46%オフ】秋の大感謝祭実施中|もれなく話題の電子書籍閲覧権プレゼント

商品を購入する

目次

特集
まだ間に合う 米国株超入門
[マンガ]3分でわかる 米国株の魅力

Part1 米国株の魅力を知る
【超入門】7つの問いで知る米国株投資の基本のキ
  [インタビュー]日本株一筋37年にして米国株デビュー
 「米国株でも日本株と同じく配当利回り重視です」 個人投資家 桐谷広人
投資に向けてまずは口座を開こう 使えるネット証券の選び方 大山弘子
 [インタビュー]NYダウ、続く最高値更新 米国株はバブルか
強気派「金利上昇で調整局面も、10万ドルの大台も」 武者リサーチ代表 武者陵司
慎重派「市場はバブルを形成中、分散投資で日本株も」 経済評論家 山崎 元

Part2 投信・ETFから始める
初心者の入門に最適 ETFで始める米株投資 鈴木雅光
プロが教える米株でのiDeCo、NISA活用法 長期・積み立て投資の裏技 鈴木雅光
AI、レアアース、アフリカ、ペット… アナリスト注目のETF24銘柄
億り人流、米国株投資の心得 失敗乗り越え、長期保有で資産を形成
米国経済をマクロで知る 株価は経済指標で動く
  
Part3 お宝銘柄を発掘する
ダウ平均予想&注目の35銘柄 業績好調で株価は一段高も
『米国会社四季報』徹底活用術 次のGAFA株の見つけ方
『株式ウイークリー』編集長が厳選 『米国会社四季報』で選ぶ有望銘柄
次のテンバガーを探せ ランキングで見るお宝銘柄
時価総額ランキング50
株価上昇率ランキング50
増収率ランキング50
増益率ランキング50
配当利回りランキング50
連続増配年数ランキング47

[エピローグ]米国経済の未来と株価
米国株の黄金時代は続くのか 経済評論家 加谷珪一

ニュース最前線
「名岐アパレル」で連鎖倒産 産地が直面する厳しい現実
ゼネコン各社の業績急降下 株価急落「大成」ショック
加盟店向けに強気の新契約 ミニストップに募る不安


連載  
|経済を見る眼|「ツナグ」人材の育成を急げ|柳川範之
|ニュースの核心|米軍のアフガン撤退で揺らぐ韓国の安全保障|福田恵介
|発見!成長企業|北の達人コーポレーション
|会社四季報 注目決算|今号の4社
|トップに直撃|住友ゴム工業 社長 山本 悟
|フォーカス政治|ニクソン・ショックと権力闘争秘話|軽部謙介
|中国動態|中国情報が正しく伝わらない日本|富坂 聰
|財新 Opinion&News|「3次分配」は中国の格差解消の切り札になるか
|グローバル・アイ|タリバンに屈した米国 それでもドルは揺るがない|ジム・オニール
|Inside USA|同時多発テロから20年 次世代への継承の悩み|安井明彦
|FROM The New York Times|コロナ後もオフィスは必要か? リモート化で見えた新しい解
|マネー潮流|脱炭素の「絵に描いた餅」リスク|高井裕之
|少数異見|高齢者優先のワクチン接種は正しかったか
|知の技法 出世の作法|対ロシア外交で見える 外務省欧州局のたるみ|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|祖父母の「孫育て」参加に母娘関係の強さが影響|山村英司
|話題の本|『私たちはなぜこんなに貧しくなったのか』著者 荻原博子氏に聞く ほか
|シンクタンク 厳選リポート[新連載]
・真の有効策は大量投棄国との国際交渉 レジ袋有料化は海洋プラ対策にならない
・法律や税制面での扱いは未確定 NFTの特徴と課題を整理
・性格による個人差が大きい テレワークの仕事満足度
|PICK UP 東洋経済ONLINE|
|編集部から|
|先週号の読まれた記事 次号予告|