週刊東洋経済

情報量と分析力で定評のある総合経済誌。

担当記者より
2021年9月18日号
2021年9月13日 発売
定価 730円(税込)
JAN:4910201330911

【特集】株の道場 成長先取り編


日本企業が業績回復の度合いを強めています。9月17日発売の『会社四季報』最新号(秋号)では、今期純利益の予想が3カ月前の夏号と比べ上方修正された会社が全体の4割に上っています。上方修正予備軍を見つけやすいという点で、実は「秋号」こそが投資情報の宝庫なのです。

本特集には、四季報最新号の業績予想を基にした圧倒的な数のランキングを掲載。日本企業の成長力を先取りして、株価上昇を享受するための投資特集の決定版です。

<10/31まで>年間プランが今なら46%オフ!さらに、話題の電子書籍が丸ごと読める

担当記者より

特集「株の道場 成長先取り編」を担当した福田淳です。特集のサブタイトルは「サプライズと配当成長株で勝つ!」です。

が、大きなサプライズが校了直前にやってきました。菅義偉首相の退陣決定です。昼の速報ニュースをみて午後の株価は上がる!と直感しましたが、翌週も想定を上回る急騰が続き、日経平均株価は3万円を超えました。

株にはこうした急騰・急落がつきもの。元来まじめで、いつも冷静沈着な私には刺激が強すぎて困るのですが、これがあるから株は面白い! 私は一切、個別株投資ができないのですが、こうした激変に立ち会うとなぜかわくわくします。

今回の特集では、個人投資家さんの話をZoomでたくさん聞きました。投資法は人それぞれ。いろんな考え方があります。

ただ、成果を上げている勝ち組の方は、いずれも情報収集や分析に努力を惜しまず、自分なりのルールを決めて投資に臨んでいることがわかりました。

『会社四季報』を毎号購入し冒頭にある「業種別・業績展望」の膨大な数値をEXCELで3カ月ごと入力している人。出勤前、毎朝8時に板情報やニュースをチェックし注文を決めている人。ことごとく外れる夫の予想を聞かないことをルールにしている女性、などなど。

身銭を切って、家族の未来も背負って株式投資に臨んでいる人たちの真剣勝負には、美しさすら感じます。

そんな方々のお役に少しでも立てればと、今回も儲けのヒントをたっぷり特集しました。「株の道場」に入門してみてください。

担当記者:福田 淳(ふくだ じゅん)
『週刊東洋経済』編集部記者。

>>週刊東洋経済編集部の制作にかける思い

おトクな定期購読
【今なら46%オフ】秋の大感謝祭実施中|もれなく話題の電子書籍閲覧権プレゼント

商品を購入する

目次

特集
株の道場 成長先取り編
サプライズと配当成長株で勝つ!


Part1 相場
[図解]急騰後の相場を大予想 好調な業績が株価上昇を後押し
[インタビュー]強気派・慎重派に聞く これからの株価
強気派「最悪期を脱し本格上昇 来年3万3000円へ」 SMBC日興証券 チーフ株式ストラテジスト 圷 正嗣
慎重派「物価の上がらない日本は株価も上がらない」 智剣・Oskarグループ CEO兼主席ストラテジスト 大川智宏
高値追いの米国株に劣る構造問題 日本株が挽回する3条件
「勝ち組」投資家に聞く 個人が株で儲けるコツ

Part2 四季報で儲ける
『会社四季報』元編集長がこっそり教えます 「秋号」こそが 宝庫  山本隆行
四季報ランキング サプライズ銘柄を探せ
独自増額100(乖離額が大きい50/乖離率が大きい50)
会社計画より増額50
会社計画並みに増額51
一転最高益50
一転増益・一転増収40
配当成長株を探せ
高配当方針100
連続増配45
東証の新市場基準に向けて必死 苦肉の策で増配や自己株買い?
株価対策期待37
9月・10月のオススメ優待 株主優待で優雅な生活
四季報LOVERが教える 有望株を見つけるコツ 藤川里絵
株式市場で話題の10大テーマ 最新四季報の注目材料

Part3 株価の「クセ」で儲ける
クセ①株価の居所を知る 安値PER割れを狙う 山本隆行
クセ②過去の法則を活用した投資戦略 3つの株価アノマリー 吉野貴晶
クセ③業績を上方修正しがち 過去3年で修正9回の会社も
クセ④株価チャートでわかる 買うタイミングの見分け方 千野利休
実践!買いサイン6銘柄
多くの個人投資家の悩みどころ 売り時はこう判断する 山本隆行

スペシャルリポート
総裁選のキーマンを直撃 石破 茂 自民党元幹事長
コロナ、アフガン、中国 ── 新時代の「有事」を語る
「分配重視」の石破氏、 「規制改革」の河野氏と連携?

ニュース最前線
トヨタが短時間車検を是正 販社との関係再構築が急務
巨額売却の電通本社ビル ヒューリックの勝算と試練
広がり始めた微アルコール アサヒが狙う新市場の行方


連載  
|経済を見る眼|政争が招く3つの行き過ぎリスク|小峰隆夫
|ニュースの核心|トヨタと日鉄の異例の価格交渉が示すもの|山田雄大
|発見!成長企業|ランドネット
|会社四季報 注目決算|今号の4社
|トップに直撃|ベネッセホールディングス 社長 小林 仁
|フォーカス政治|ポスト菅争いは「宏池会戦争」再現へ|塩田 潮
|中国動態|習政権が「共同富裕」を打ち出す事情|福本智之
|財新 Opinion&News|中国で深刻化する政治と企業の腐敗問題
|グローバル・アイ|アフガン撤退と高インフレ 70年代不況との不穏な共通点|ケネス・ロゴフ
|Inside USA|9・11からアフガン撤退まで 米国凋落、20年の源流は?|会田弘継
|FROM The New York Times|コロナ対策で広がる誤使用 イベルメクチン混乱劇
|マネー潮流|カナリアの鳴き声を伴奏に投資継続|中空麻奈
|少数異見|ワクチンの怪情報には一定の規制が必要だ
|知の技法 出世の作法|タリバン政権成立をロシアはどうみているか|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|「囚人のジレンマ」の解決法 協力達成の5条件とは?|伊神 満/菅谷拓生
|話題の本|『遊ばせる技術 チームの成果をワンランク上げる仕組み』著者 神谷 俊氏に聞く ほか
|シンクタンク 厳選リポート|
エネルギー課税の使途見直しも課題 炭素価格導入の経済的影響
台湾の行政基盤「ジョイン」 国民から直接アイデアを募る仕組み
理数系授業時間数の減少が影響 低下が続く日本の研究開発力
地域の自然・文化資本を生かす 球磨焼酎による地域活性化
|PICK UP 東洋経済ONLINE|
|ゴルフざんまい|オリンピックに見る王者の孤独|三田村昌鳳
|編集部から|
|先週号の読まれた記事 次号予告|