週刊東洋経済

情報量と分析力で定評のある総合経済誌。

担当記者より
2022年1月15日号
2022年1月11日 発売
定価 730円(税込)
JAN:4910201330126

【特集】ライフシフト超入門


100年を生きることが珍しくなくなった時代、人生設計は「教育」「仕事」「引退」の3段階では語れなくなりました。マルチステージ化を前提とする人生戦略を説いた世界的ベストセラー『ライフシフト』に続編が登場。2冊合計700ページを超える内容を濃縮しました。

仕事や教育、子育て、新たなキャリアへの移行など、「人生100年時代」に必要な知識とマインドセットを豊富な事例とともに解説。ライフシフトを成功させるための最高の手引です。

<1/31まで>年間プランが今なら46%オフ!新春キャンペーン実施中

担当記者より

特集「ライフシフト超入門」を担当した長谷川隆です。作家の童門冬二さんは現在94歳。インタビューでは、今でも「月に原稿用紙100枚ほどの原稿を書く」「2日に1回は肉を食べる」など、その矍鑠(かくしゃく)ぶりにあらためて驚嘆しました。

そんな童門さんは、51歳までは都庁で要職を務める公務員でした。『小説 上杉鷹山』がベストセラーとなり、作家として名が売れたのは56歳のとき。そして現在もなお「人生はまだ未完成、まだまだ学ぶことがある」と、まさに「ライフシフト」を実践されているお一人です。

人生100年時代。これからは「教育」「仕事」「引退」という3つのステージが時に入れ替わり、仕事を途中で変えるなどキャリアチェンジも一般的になっていきます。新たな道を探ろうとするとき、童門さんの持論は「鉱脈は自分の過去の中に見いだすべき」というもの。まったく新しい未知の世界に踏み出すよりも、これまでの生活や仕事の中で経験したことや考えてきたことの中に、未来への活路を切り開くヒントがあるというのです。

一方、まったく新しい世界に飛び出して、そこに身を置くことでライフシフトを図るという考え方もあるでしょう。40代後半でリクルートを退職し、公立中学校の校長に就任した藤原和博さんはそんなライフシフトの実践者です。

どちらのやり方がいいのかは、置かれた環境や自身の性格などから決めればいいのかもしれません。特集では、さまざまなライフシフトのチャレンジ経験を取材しました。その中で一つでも、みなさんのヒントになるものが見つかれば幸いです。

担当記者:長谷川 隆(はせがわ たかし)
東洋経済記者。

>>週刊東洋経済編集部の制作にかける思い

目次

特集
ライフシフト超入門
100年時代の人生&行動戦略

Part1  ライフシフトを理解する
マンガで簡単解説
[著者INTERVIEW] 英ロンドン・ビジネススクール経営学教授  リンダ・ グラットン
「100年時代に必須の行動戦略 長寿時代は変化で乗り越えろ」
図解でわかる『ライフシフト』
[著者INTERVIEW] 英ロンドン・ビジネススクール経済学教授  アンドリュー・ スコット
「労働力減少で低成長は避けられず 長寿時代の新しい経済モデルを探れ」
キャリアの専門家が語る『ライフシフト』をこう生かせ
ウォンテッドリー社長  仲 暁子/立教大学教授 中原 淳

Part2  ライフシフトを実践する
[INTERVIEW]私のキャリアチェンジ
「新しいステージへ行くとき、誰にもどん底がある」 アナウンサーから弁護士へ 菊間千乃
「人生は起承転々。 鉱脈は既知の分野にこそある」 都庁幹部から作家へ 童門冬二
自らの人生は自分で決める 「変わり続ける」実践者たち
読者アンケート 「私のライフシフト」

人生100年時代のキャリア形成 富士山型より八ヶ岳型  藤原和博
超長寿社会の社会保障 100年時代の制度設計を  櫨 浩一
ライフシフトを可能にするマネー計画 今年こそ「マネーシフト」を  山崎俊輔
ライフシフトを妨げるものとは? 「人生のリスク」対処法
無形資産の棚卸し&100年人生の目標設定 プランニングシートを作ってみよう

スペシャルリポート
3000億円電撃買収で号砲 後払い決済「BNPL」の大混戦
「ペイパルの潤沢な資金でより急速に成長できる」 Paidy 社長兼CEO 杉江 陸
「分割払いは慎重に検討中 若者の債務リスクを考慮」 ネットプロテクションズ 社長 柴田 紳

深層リポート
「日本流」ジョブ型雇用 何が問題か
ジョブ型雇用 私はこう考える
「終身雇用のほうが 会社は強くなる」 東レ 社長 日覺昭廣
「“日本型”は機能せず 高等教育の大変革を」 経営共創基盤 会長 冨山和彦

ニュース最前線
不正がやまない三菱電機 企業風土の根深い弊害
金融課税で1億円の壁越え 岸田首相が見送った理由
専属ユーチューバーを半減 UUUMの大胆な方針転換


連載 
|経済を見る眼|コロナ後が心配、日本的対応力の光と影小峰隆夫
|ニュースの核心|「改革」なき「新しい資本主義」|大崎明子
|発見!成長企業|Photosynth
|会社四季報 注目決算|今号の4社
|トップに直撃|ジェイ エフ イー ホールディングス 社長  柿木厚司
|フォーカス政治|衆院新選挙区で募る安倍氏の危機感|歳川隆雄
|中国動態|メタバースへの熱狂と当局の静観|伊藤亜聖
|財新 Opinion&News|中国で深刻な「住宅格差」の解消には何が必要か
|グローバル・アイ|デジタルネイティブのZ世代に文系スキルが必要な理由ニコラス・エイガー
|Inside USA|コロナ追加対策で感染者増も バイデンが背負う政治リスク|瀧口範子
|FROM The New York Times|インフレなのに金利引き下げ 「肉も買えない」トルコの窮状
|マネー潮流|気候変動対応と市場メカニズム|森田長太郎
|少数異見|政治家には「聞く力」よりも「聞かせる力」
|知の技法 出世の作法|プーチン大統領が突きつけた ウクライナでの最後通牒|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|コロナ感染状況の傾向は なぜ日米で異なるのか?|茂木 快治
|話題の本|『虚構の森』著者 田中淳夫氏に聞く ほか
|シンクタンク 厳選リポート|
|PICK UP 東洋経済ONLINE|
|ゴルフざんまい|JLPGAツアー シーズン総振り返り|小林浩美
|編集部から|
|先週号の読まれた記事 次号予告|